楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iTunesの「iPhoneを復元」と「バックアップを復元」の違い

cat
スポンサードリンク

iTunesでiPhoneを復元する際は「iPhoneを復元」もしくは「バックアップを復元」のどちらかの方法を選択する必要があり、実際に復元する際は”どちらの復元が適しているのか”判断する必要があります。
この2つは似ているようで全く異なるものなので、今回は復元方法による具体的な違いを解説します。

iPhoneの調子が悪い時は「iPhoneを復元」

1_iphonefukugen

「iPhoneを復元」は、iPhoneに保存されている全てのデータ(iOS含む)を完全初期化する復元方法です。
もしこちらの復元方法を選択するのであれば、事前にバックアップを保存しておく必要があり、バックアップをせずに復元してしまうと、これまでインストールしたアプリ、連絡先、カレンダーの予定などのデータが消えてしまうので注意が必要です。

次のようなケースの場合は、こちらの復元方法を選択すると良いです。

  • iPhone(iOS)の調子がわるいとき(重い・暗転・フリーズ・強制リブートの頻発)
  • iOSをクリーンインストールしたいとき(空き容量が増えるケースもあります
  • iPhoneを売却・譲渡するとき

復元時点に巻き戻したい時は「バックアップを復元」

2_iphonefukugen

「バックアップを復元」は、バックアップ時点のデータに巻き戻す復元方法です。
デバイス自体の完全初期化は行われないため、バグ(不具合)を解消する目的の利用には向いていません。
あくまでiOSを除いた、ユーザーが作成・変更したデータを戻すための復元と考えて良いかとおもいます。

次のようなケースの場合は、こちらの復元方法を選択すると良いです。

  • 大事なデータを誤って削除してしまったとき
  • 既存データに誤った情報を上書きしてしまったとき
  • 「iPhoneを復元」をした後に元のバックアップデータを復元するとき

バックアップは暗号化を!

iPhoneのバックアップには「通常バックアップ」と「暗号化バックアップ」の2つがあります。
暗号化バックアップを使うことで、通常のバックアップでは保存されない”Wi-Fiの設定”や”一部アプリのデータ”なども復元することが出来るので、可能であれば暗号化バックアップを是非活用してください。

暗号化バックアップについては、以下の記事で詳しく解説しています。

【知っ得】「iPhoneのバックアップを暗号化」活用すべき理由と使用方法【知っ得】「iPhoneのバックアップを暗号化」活用すべき理由と使用方法

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top