SBAPP

【Twitter】一部が英語表記・日本語で表示されない問題が発生(2023年8月2日)

Twitterアプリ(現Xアプリ)の最新アップデート後、一部のメニューやボタンが英語表記になる問題が発生しています。ユーザーからは、「ところどころ英語表記になっている」「リツイートだけ英語表記なのはなぜ?」「日本語に設定しているのに英語になるのは何で?」といった疑問の声が増えています。

Twitterアプリで一部が英語表記になる問題が発生

2023年7月末頃、TwitterアプリがXアプリにアップデートされましたが、メニューやボタン、設定画面などの一部テキストが英語表記になる問題が発生しています。

名称変更に伴って一部テキストが英語表記に

現在のTwitterアプリ(Xアプリ)では、ツイートがPost、リツイートがRepostなど、一部機能の名称が変更されています。この変更の影響に伴い、アプリ内のあらゆる項目やキャプションなども変更が発生しており、それらが全て英語表記になっている状況です。

アップデートで日本語対応するのを待つ必要がある

iOS版Twitterアプリ(Xアプリ)では、以下の手順でアプリ内の表示言語を変更できますが、現時点では「日本語」に設定していたとしても、一部のボタンや項目、キャプションについては英語表記で表示されます。

これは前述したように仕様変更に伴う影響となるため、今後のアップデートで日本語テキストが用意されるか、以前の状態に戻されるまでの間は、現在のまま使い続ける必要があります。

  1. 設定アプリを開く
  2. 画面をスクロールしてXをタップ
  3. 言語をタップ
  4. 任意の言語をタップする

ブラウザ版Twitterは現在も日本語表記のまま

ブラウザ版Twitter(現X)についても、一時的に一部テキストが英語表記になっていましたが、現時点では日本語表記に戻されているようです。

もし、Twitterアプリでアカウントの設定を変更する際に、項目やキャプションが英語表記になってしまい、わかりにくい場合は、ブラウザ版Twitterで設定を変更するようにしてください。

著者情報

Ryo
SBAPPを運営しているRyoです。スマートフォンが国内で急速に普及し始めた頃から、iPhoneやiOSの使い方や不具合に関する情報を10年以上にわたって発信しています。

Apple製品は、iPhone 3GSの頃から使用しており、毎年アップグレードされるデバイスやiOSの変化に魅了されてきました。iPhoneの機能性や操作性が頻繁に変化する中で、ユーザーのサポートをしたいと思い、SBAPPを立ち上げました。

現在は、iPhoneやiOSの情報に加えて、SNSの障害や不具合、フィッシング詐欺メール・SMSに関する注意喚起など、幅広いテーマで記事を執筆しています。経験と知識を活かして、少しでも手助けとなる情報を提供していきます。

コメント欄

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. インターファンなので、記事の翻訳が出来ないのがとても不都合。今後改善されるんでしょうか?

コメントを投稿する(承認後に反映)

*

Return Top