SBAPP

【watchOS10.2】アップデート内容と変更点の詳細、不具合や評判について

Apple Watch向けにwatchOS10.2アップデートがリリースされています。watchOS10.2では、ミュージックやポッドキャストを再生中のHomePod(第2世代)やHomePod miniが近くにある時、自動で「再生中」を表示する機能の追加などが行われています。

watchOS10.2アップデート内容と変更点

watchOS10.2アップデートでは、ミュージックやポッドキャストを再生中のHome Pod(第2世代)やHome Pod miniが近くにある時、自動で「再生中」を表示する機能が追加されています。

また他にも、スワイプして文字盤を切り替えできる機能(設定時計スワイプして文字盤を切り替え)や、ワークアウト終了の確認(設定ワークアウトワークアウト終了の確認)をオンオフにできる設定が追加されています。

watchOS 10.2
544MB

watchOS 10.2には、以下の新機能と機能改善、およびバグ修正が含まれます:

  • “ミュージック”またはポッドキャストからメディアを再生中のHomePod(第2世代)またはHomePod miniが近くにあるときに自動的に“再生中”を表示(Apple Watch Series 6以降、およびApple Watch Ultraで使用可能)
  • “設定”で、“スワイプして文字盤を切り替え”を有効または無効にすることが可能
  • “設定”で、“ワークアウト終了の確認”を有効または無効にすることが可能
  • ほとんどのFitness+ワークアウトでミュージックまたはトレーナーの声のどちらかの音量を優先させることが可能
  • iPhoneのWatchアプリで追加した文字盤がApple Watchに表示されないことがある問題を解決

Appleソフトウェアアップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

watchOS10.2のセキュリティアップデートについて

Appleが公開した「About the security content of watchOS 10.2」によると、watchOS10.2アップデートでは、CVE-ID基準で9件の脆弱性が修正されており、アプリがユーザーの機密データにアクセスできる可能性、悪意のあるWebコンテンツを処理すると機密情報が漏えいする可能性などが対処されています。なお、一部は同日リリースされたiOS17.2アップデートにも含まれています。

Accounts

Available for: Apple Watch Series 4 and later

Impact: An app may be able to access sensitive user data

Description: A privacy issue was addressed with improved private data redaction for log entries.

CVE-2023-42919: Kirin (@Pwnrin)

WebKit

Available for: Apple Watch Series 4 and later

Impact: Processing web content may disclose sensitive information. Apple is aware of a report that this issue may have been exploited against versions of iOS before iOS 16.7.1.

Description: An out-of-bounds read was addressed with improved input validation.

WebKit Bugzilla: 265041
CVE-2023-42916: Clément Lecigne of Google's Threat Analysis Group

watchOS10.2アップデート後の評判

記事公開時点では、Apple Watchの初期化や復元を必要とするような問題、文鎮化を報告する声はSNS上では見受けられません。また、筆者のApple Watchについてもアップデートを終えていますが、現時点ではとくに大きな問題は確認できていません。

watchOS10.2アップデートの実行について

Apple WatchをwatchOS10.2にアップデートする場合は、iPhoneを同日リリースされた最新バージョン「iOS17.2」にアップデートし、Apple Watchを電源に接続した状態で開始してください。

Apple Watchのアップデート中は、iPhoneやApple Watchを再起動せず、Watchアプリを終了せずに待つ必要があり、アップデート完了には数分から1時間ほど掛かる場合があるため、時間の余裕があるときにアップデートすることをお勧めします。

なお、Watchアプリに「watchOS 10.2 最新のバグ修正およびセキュリティの強化がすべてインストールされ、Apple Watchは最新の状態になりました」と表示された後は、Watchアプリを終了しても問題ありません。

  • Apple Watchのバッテリー残量が50%以上であること
  • iPhoneがWi-Fiに接続されていること
  • iPhoneとApple Watchが通信範囲内にあること
  • iPhoneが最新バージョンのiOSにアップデート済みであること

著者情報

Ryo
SBAPPを運営しているRyoです。スマートフォンが国内で急速に普及し始めた頃から、iPhoneやiOSの使い方や不具合に関する情報を10年以上にわたって発信しています。

Apple製品は、iPhone 3GSの頃から使用しており、毎年アップグレードされるデバイスやiOSの変化に魅了されてきました。iPhoneの機能性や操作性が頻繁に変化する中で、ユーザーのサポートをしたいと思い、SBAPPを立ち上げました。

現在は、iPhoneやiOSの情報に加えて、SNSの障害や不具合、フィッシング詐欺メール・SMSに関する注意喚起など、幅広いテーマで記事を執筆しています。経験と知識を活かして、少しでも手助けとなる情報を提供していきます。

コメントを投稿する(承認後に反映)

*

Return Top