SBAPP

【Twitter】スペースでスピーカーになれない不具合が発生中(2023年3月20日)

2023年3月頃から、Android版Twitterアプリでスペースにスピーカーになれない不具合が発生しています。ユーザーから「スペースにスピーカーとして上がれない」「スペースでスピーカーになれない」などの声が挙がっています。

Twitterスペースのスピーカーになれない不具合が発生中

2023年3月頃から、Android版Twitterアプリでスペースのスピーカーになれない不具合が発生しています。不具合の影響により、一部のユーザーにスピーカーのリクエストが送信できない、スピーカーのリクエストが承認されてもスピーカーになれないなどの問題が生じています。

Android版Twitterアプリの最新バージョンが原因

Twitterスペースでスピーカーになれない不具合は、Android版Twitterアプリのバージョン9.80.0で報告されており、問題を改善するにはTwitterアプリのアップデートによる対処を待つ必要があります。

Twitter公式アカウントには、多くのユーザーから問題を報告するメンションやリプライが送られていますが、執筆時点ではTwitter公式アカウントからは不具合に関連する案内は無く、不具合の対応状況は明かされていません。

Twitterアプリをダウングレードして対処するユーザーも

アップデートを待たずに対処する場合は、Google PlayストアからダウンロードしたTwitterアプリをアンインストールし、アプリの自動更新機能をオフにした上で、Galaxyストアからバージョン9.75.0のTwitterアプリをインストールすることで問題を回避できる場合があるようです。

ただし、この方法ではGoogle Playストア以外のストアからアプリを導入することになるため、自己責任のうえで試すようにしてください。

著者情報

Ryo
SBAPPを運営しているRyoです。スマートフォンが国内で急速に普及し始めた頃から、iPhoneやiOSの使い方や不具合に関する情報を10年以上にわたって発信しています。

Apple製品は、iPhone 3GSの頃から使用しており、毎年アップグレードされるデバイスやiOSの変化に魅了されてきました。iPhoneの機能性や操作性が頻繁に変化する中で、ユーザーのサポートをしたいと思い、SBAPPを立ち上げました。

現在は、iPhoneやiOSの情報に加えて、SNSの障害や不具合、フィッシング詐欺メール・SMSに関する注意喚起など、幅広いテーマで記事を執筆しています。経験と知識を活かして、少しでも手助けとなる情報を提供していきます。

コメントを投稿する(承認後に反映)

*

Return Top