SBAPP

【Twitter】プロフィールからDMが送れない不具合の詳細と対処

Android版Twitterアプリのプロフィール画面からDMマークが消える不具合の影響により、ユーザーから「プロフィールからDMが送れない」「DMマークが消えて送れない」といった声が急増しています。

プロフィールからDMが送信できない問題が発生中

執筆時点、Android版Twitterアプリ(バージョン9.73.0)でプロフィール画面からDMマークが消える不具合が発生しており、「プロフィールからDMが送れない」「DMマークが消えて送れない」等の声が急増しています。

ブラウザ版Twitterの代用、DM画面で検索して対処

DMの送信先となるアカウントのプロフィール画面でDMマークが表示されない場合、執筆時点では以下いずれかの方法で対処できますが、根本的な問題の解決にはアップデートによる対処を待つ必要があります。

  • ブラウザ版TwitterあるいはiOS版Twitterアプリを代用する
  • 相手にDMを送信して貰い返信をする ※
  • DM画面で@ユーザー名を入力して検索し送信する ※

※ 相互フォロー状態、もしくは「すべてのアカウントからのメッセージリクエストを許可する」がオンである必要があります。

宛先のユーザー名を検索してDMを送信する方法

相手のプロフィール画面からDMマークが消えた場合、DM画面で送信先となる@ユーザー名を入力して検索し、検索候補から宛先を選択することでDMを送信できます。

ただし、前述したように相互フォロー状態であるか、相手が「すべてのアカウントからのメッセージリクエストを許可する」をオンにしている必要があり、これを満たなさい場合は検索候補に表示されないので注意してください。

  1. Twitterアプリを開く
  2. 下段メニューからDMタブをタップ
  3. 画面右下のDM作成ボタンをタップ
  4. 送信先にユーザー名(@XXX)を入力して検索候補から選択
  5. 本文を入力して送信をタップ

すべてのアカウントからのメッセージリクエストを許可する」をオンにする手順

すべてのアカウントからのメッセージリクエストを許可する」は以下の手順でオンに変更できますが、オンにするとフォロー外からのスパムDMの受信頻度が高くなる恐れがあるため、DMを終えた後は設定を元に戻すことをお勧めします。

  1. Twitterアプリを開く
  2. 画面左上のプロフィールアイコンをタップ
  3. 設定とプライバシーをタップ
  4. プライバシーと安全をタップ
  5. ダイレクトメッセージをタップ
  6. すべてのアカウントからのメッセージリクエストを許可するをオンにする

著者情報

Ryo
SBAPPを運営しているRyoです。スマートフォンが国内で急速に普及し始めた頃から、iPhoneやiOSの使い方や不具合に関する情報を10年以上にわたって発信しています。

Apple製品は、iPhone 3GSの頃から使用しており、毎年アップグレードされるデバイスやiOSの変化に魅了されてきました。iPhoneの機能性や操作性が頻繁に変化する中で、ユーザーのサポートをしたいと思い、SBAPPを立ち上げました。

現在は、iPhoneやiOSの情報に加えて、SNSの障害や不具合、フィッシング詐欺メール・SMSに関する注意喚起など、幅広いテーマで記事を執筆しています。経験と知識を活かして、少しでも手助けとなる情報を提供していきます。

コメントを投稿する(承認後に反映)

*

Return Top