楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iOS11.3】Safariのブックマークが空白になり消える不具合が報告

スポンサードリンク

iPhoneをiOS11.3にアップデートした一部のユーザーから、Safariに追加したブックマークが空白(空行)になり、追加したブックマークが消える不具合が報告されています。

ブックマークが突然空白になる問題

今回一部のユーザーから報告されている不具合は、Safariのブックマークに追加したウェブサイトが突然空白(空行)になり、ブックマークしたウェブサイトを表示することができず、ブックマークの削除すらも出来なくなる問題です。

Twitterでも同様の問題を訴える声があり、日本のユーザーから問題を指摘する声が目立ちます。
(国外のAppleサポートコミュニティではそれほど多くの報告は挙がっていないようです)


スポンサードリンク

今回の不具合はSafariの再起動では改善しないため、対処法としては「残ったブックマークのみ別のフォルダに逃がす(空白行のブックマークは諦める)」ほか無い状況です。

ブックマークが空白行になる不具合の暫定的な対処法

  1. Safariでブックマーク画面を開き“空白行の不具合が生じていないフォルダ”で、編集新規フォルダ任意のフォルダ名を入力完了の順に操作し、ブックマークの退避用フォルダを作成する。
  2. 空白行の不具合が生じているブックマークフォルダの編集をタップし、“不具合が生じていない正常なブックマーク(項目)”を選択して、場所から手順1で作成した退避用フォルダを選択して、保存場所を変更する。
  3. 最後に空白行の不具合が生じているフォルダを左スワイプして、削除をタップして完了です。
    ※ 今後のiOSアップデートで改善する可能性もあるので、不具合が生じているフォルダを残しておくのも一つの選択肢としてアリです。
追記

コメントにおいて「退避用フォルダ」も今回の不具合が再現されてしまい、場所を変更したブックマークが消えてしまったとのケースを報告頂いています。

上の手順を実施する場合は、万が一に備えて退避前にメモやスクリーンショットでブックマークしたWEBサイトの情報を保存した上で実施した方が良いかもしれません。

コメント&トラックバック

  • Comments ( 7 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. と、なると…
    iCloudでPCや他の端末のブクマをシンクロさせている人は一旦止めるべきですかね。

  2. 上記の手順に沿って、避難用に新規フォルダを作成し、ブックマークを移しましたが、その避難用新規フォルダ自体も消える不具合の対象だったようで、丸ごとブックマーク20個ほど消えてしまいました…。
    これから試そうとしている方、御注意を。また、管理人さんもその点を確認し、再現されましたら、追記してください。
    よろしくお願いいたします。

    • コメントありがとうございます。
      私の環境下では再現できていませんが、そういったケースがある旨と予防策について追記させて頂きました。

  3. hadoさんと全く同じ症状、全く処置無し

  4. 同じく4月14日
    ブックマークが壊れる。フォルダ内1番下のブックマークの名前が無くなり、タップしても無反応、削除も編集も出来ない

    無傷なブックマークを別フォルダへ移行させ壊れたブックマークを含むフォルダを削除したところ移動させたフォルダごと消失した。

    今 お気に入りに追加したブックマークが壊れた所。

  5. 同じく。フォルダごと消えた。

    そして、ブックマーク開かなくなった。
    履歴とwebサイトデータ消去でやっと開くようになった。
    使い物にならないのでSafariやめることにします。

  6. iOS 11.3にバージョンアップする以前に作成したフォルダにブックマークを保存すると、この現象が起きるようです。

    iOS 11.3にしたら、ブックマークに新しいフォルダを作成します。
    以降はそこに保存すると、ブックマークが空白になる現象は起きません。
    また、iOS 11.3後に作成したフォルダに、バージョンアップ前に作成したブックマークを移動させると、このフォルダが消えます。

    iOSをバージョンアップする前に作成したブックマークやフォルダを編集すると、この現象に巻き込まれます。
    いまのところ新しいフォルダを作成して、そこに保存することくらいしか対処はなさそうです。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top