楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】「Apple IDがロックされています」でアプリのダウンロードが出来ない時の対処法

スポンサードリンク

今回はApp Storeで「Apple IDがロックされています」と表示されてしまい、アプリのダウンロードやアップデートが出来ない時の対処法について解説します。

Apple IDがロックされる原因について

App Storeで「Apple IDがロックされています」と表示される場合は、お使いのApple IDがセキュリティ上の理由によって保護されている状態です。(一時凍結状態)

Apple IDがロックされています
ご利用のApple IDは、セキュリティ保護のためロックされています。ロックを解除するためには本人確認が必要です。
アカウントのロック解除
キャンセル

警告のパターンは幾つか用意されており、上記の「ご利用のApple IDは、セキュリティ保護のためロック〜」以外にも、次の警告が表示される場合があります。

  • このApple IDは、セキュリティの問題により使用が停止されています
  • セキュリティ上の理由によりご利用のアカウントが無効になっており、サインインできません
  • このApple IDはセキュリティ上の理由からロックされています

これらのロックが掛かる理由は幾つか考えられますが、第三者がアパスワードやセキュリティ質問などを何度も試行した場合など、Apple IDに危険が及んだ時にセキュリティロックが自動で掛かります。

Apple IDのロックを解除する方法

お使いのApple IDがロックされた場合、「Apple IDがロックされています」ボックス内のアカウントのロック解除をタップし、画面の指示に従って本人確認を進めることで解除することができます。

スポンサードリンク

上の方法がエラーになリセットができない場合は、Appleのiforgot.apple.comからでもアカウントロックの解除をすることができます。

アカウントのロック解除時に要求される確認内容は設定状況によって異なり、電話番号、メールアドレス、セキュリティ質問への回答などが必要になります。

Apple IDのロックをサポート経由で解除する場合

もし紹介した2つの方法のどちらもエラーになってしまい、Apple IDのリセットができない場合は、Appleのサポートページを開き、Apple IDが無効になっているAppleサポートへお問い合わせの順に進むことで、電話で手続きを進めることができます。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top