楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【タウンWiFi】Wi-Fi通信を保護出来る無料VPN機能が追加 VPNの設定方法を解説

wi-fi-vpn-20170313 (1)
スポンサードリンク

無料公衆Wi-Fiに自動接続をすることができるタウンWiFiが、バージョン3.1.0アップデートで、月1GBまでのデータ通信を無料VPNで保護できる機能が追加されました。

通常は通信が保護されていない公衆Wi-Fiを利用した場合、悪意のある第三者にデータの通信内容を覗き見等されてしまうリスクが伴いますが、VPNを利用することで、通信内容が暗号化され一定のセキュリティを保つことが出来ます。

画像引用:ソースネクスト

VPNの仕組みはソースネクストの図解がわかりやすいです。
画像引用:ソースネクスト

タウンWiFiで無料VPNを設定する手順

  1. 管理Wi-Fi通信を保護するWi-Fi通信の保護を設定をオンにする。
  2. 2_wi-fi-vpn-20170313_up

  3. 無料VPNの簡単な説明が表示されるので、最右端のページまでスワイプして設定する
  4. OKAllowの順にタップ。
    3_wi-fi-vpn-20170313_up

  5. Touch IDあるいはパスコードを入力し完了をタップすると設定完了です。
  6. 4_wi-fi-vpn-20170313_up

タウンWiFiの通信保護機能は無料?VPNは安全なの?などについて

タウンWi-Fiの通信保護機能(VPN)は、通信保護機能は無料で1GB/月まで利用することができます。但し、動画や音楽再生など、リスクが低く且つデータ通信量が多いものに関しては、通信保護機能(VPN)の対象外となっています。
※ 1GB/月以上のデータ通信を保護する場合は、月額300円の有料プランの契約が必要。

動画や音楽鑑賞などの、低リスクで容量の多い通信ではWi-Fi保護は無効になりますが、動画や音楽をバックグラウンドで再生しながら別のアプリやブラウザでWiFi通信を行う場合には、その通信は保護されますのでご安心ください。また、httpsなどのもともと安全なサイトの閲覧でも保護はオフになりますので二重の保護で容量を無駄に使うこともありません。

また一部の無料VPNの中には、データ通信の内容をサーバーに残すような、プライバシー性や安全性に欠けるものもありますが、タウンWiFiの無料VPNは閲覧情報はサーバーに残らず、運営会社も保持しないとのことです。

閲覧情報はサーバーに残らず、弊社でも保持していませんので安心してお使いいただけます

月1GBまでの通信制限は設けられているものの、公衆無料Wi-Fiでサイズの大きなファイル(アプリのダウンロードやアップデートなど)の送受信などをしない限りは、殆どの場合は月1GB未満に収まるかと思います。設定も簡単に済むので、普段から公衆Wi-Fiを利用している場合は、設定しておくと良いかと思います。

VPNステータスバー

VPN利用中はステータスバーに”VPN”と表示されます。

もしタウンWiFiのVPN構成プロファイルが不要になった場合は、次の記事でVPN構成プロファイルの削除方法について解説しています。

【タウンWiFi】VPN構成ファイル「TownWiFi」を削除する方法【タウンWiFi】VPN構成ファイル「TownWiFi」を削除する方法
通信保護機能を利用しなくなった場合は、こちらの記事の方法でVPN構成プロファイルの削除が出来ます。

タウンWiFi | 速度制限にサヨナラを
カテゴリ: ユーティリティ
無料
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。
App Storeからダウンロード

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top