SBAPP

【X(旧Twitter)】動画広告が自動再生される・広告の音が出る問題について

2024年5月29日頃から、X(旧Twitter)で一部の動画広告が自動再生される問題が報告されています。この問題は動画の自動再生をオフにしているユーザーから指摘されており、「広告が自動再生される」「広告の音が出る」といった投稿が増えています。

Xで動画広告が自動再生される問題について

2024年5月29日頃から、X(旧Twitter)で動画の自動再生をオフにしているにも関わらず、動画広告が自動再生される問題が報告されています。

問題の広告がタイムライン上に表示されると、データ利用の設定にある動画の自動再生をオフにしていても、意図せず動画広告が自動再生されてしまい、広告の音声が流れる場合があります。

広告パートナーによる動画広告が自動再生される状況

X(旧Twitter)では、X広告(Twitter Ads)で出稿されているものが多く表示されており、広告がタイムラインに馴染むよう、ポストに似せてデザインされた広告フォーマットが用意されています。

一方、自動再生される動画広告は、広告パートナーによって配信されている広告のようで、X広告には表示されるユーザー名の記載が無く、動画の左下に再生や一時停止、ミュートボタンが表示されている特徴があります。

広告パートナーによる動画広告には、Xアカウントのユーザー名が記載されておらず、動画左下に再生や一時停止、ミュートボタンが表示されている特徴があります。

一部の動画広告はGoogleによって配信された広告

X(旧Twitter)では、広告の右上にあるメニューボタン(…)から、広告が表示された理由を確認することができますが、問題の動画広告の表示理由を確認したユーザーからは、広告パートナーであるGoogleによって配信されたことがわかるスクリーンショットが投稿されています。

You have been served this ad by one of our ad partners, Google.

These partners may target the ads they serve you on X based on interests they have inferred about you, including based on your web browsing history or mobile application usage.

You can control whether you receive interest-based ads on X by using the "Personalize ads" setting.

Our ad partners may provide additional choices regarding the interest-based ads that they serve both on X and on other services. Learn more about how X ads work.

(訳) この広告は、当社の広告パートナーであるGoogleによって配信されました。

これらのパートナーは、あなたのウェブ閲覧履歴やモバイルアプリの使用状況に基づいて、あなたに関心があると推測される広告をX上で配信することがあります。

「広告のパーソナライズ」設定を使用することで、X上で関心に基づく広告を受け取るかどうかを制御できます。

当社の広告パートナーは、X上および他のサービス上で配信される関心に基づく広告に関する追加の選択肢を提供する場合があります。Xの広告の仕組みについて詳しくは、こちらをご覧ください。

引用:X

自動再生の設定が広告パートナーの広告に適用されるのを待つ

X(旧Twitter)で一部の動画広告が自動再生される問題は、現時点ではXアプリ内の機能で対処することが難しいため、データ利用の設定(自動再生のオフ)が広告パートナーの広告にも適用されることを待つ必要があります。

Xが問題に対処するまでの間は、動画広告の右上にあるメニューボタン(…)をタップし、この広告に興味がないをタップして無視するようにしてください。

追記:この広告に興味がないをタップすると、プレミアムクラスへのアップグレードが案内されるようになっています。アップグレードしない場合、現時点では広告を一時的にも消すことさえできないようです。

広告ポストから直接ブロックとミュートができない

2024年5月29日に配信された、Xアプリ(バージョン10.43)では、広告ポストのメニュー内から@○○○さんをミュート@○○○さんをブロックが廃止されています。

そのため、広告ポストの投稿者をブロックもしくはミュートする場合は、相手のプロフィールページに移動して操作する必要があるので注意してください。

最新バージョンのX(旧Twitter)アプリのみ、広告にブロックとミュートが表示されない。

著者情報

Ryo
SBAPPを運営しているRyoです。スマートフォンが国内で急速に普及し始めた頃から、iPhoneやiOSの使い方や不具合に関する情報を10年以上にわたって発信しています。

Apple製品は、iPhone 3GSの頃から使用しており、毎年アップグレードされるデバイスやiOSの変化に魅了されてきました。iPhoneの機能性や操作性が頻繁に変化する中で、ユーザーのサポートをしたいと思い、SBAPPを立ち上げました。

現在は、iPhoneやiOSの情報に加えて、SNSの障害や不具合、フィッシング詐欺メール・SMSに関する注意喚起など、幅広いテーマで記事を執筆しています。経験と知識を活かして、少しでも手助けとなる情報を提供していきます。

コメントを投稿する(承認後に反映)

*

Return Top