SBAPP

【iPhone】Instagramの写真や画像を標準アプリだけで保存・ダウンロードする方法

InstagramがスマホからのWEB表示に対応したようですが、早速試しに使ってみるとiPhoneの標準アプリだけで写真や画像の保存・ダウンロードをすることが出来たので、その際の手順についてご紹介します。

これまではInstagramの写真や画像をダウンロードすることができる、専用のサードパーティーアプリを利用する必要がありましたが、今後はそれらのアプリを使う機会は減ることになりそうです。

Instagramの写真や画像を「Safari」と「メモ」で保存する手順

iPhoneのSafariでInstagramの公式サイトを開き、ログインするからInstagramにログインをする。

1_Instagram_20170509_up

Instagramに投稿されている写真や画像を長押ししてコピーをタップ。
※ 長押しした写真や画像が青色の選択状態になります。(テキストを選択したような状態)

2_Instagram_20170509_up

標準インストールされているメモアプリを起動して、右下の新規メモ作成ボタンから新規メモを作成。作成したメモの本文を長押しして、メニューの中からペーストをタップ。

3_Instagram_20170509_up

メモに貼られた写真や画像を強く(3D Touch)押して、上方向にスワイプ。

4_Instagram_20170509_up

Airdropや異なるアプリにファイルを転送することができるシェアシートが開くので、下段メニューの中から画像を保存をタップ。

5_Instagram_20170509_up

写真アプリのカメラロールの中にInstagramに投稿されていた写真・画像が保存されます。

6_Instagram_20170509_up

今回のInstagramの公式サイトがスマホに対応した背景には、インターネット速度が遅い途上国のユーザー獲得を目的としている..とされていますが、普段からアプリ版を利用しているInstagramユーザーにとっても、嬉しい対応となったのではないでしょうか。

著者情報

Ryo
SBAPPを運営しているRyoです。スマートフォンが国内で急速に普及し始めた頃から、iPhoneやiOSの使い方や不具合に関する情報を10年以上にわたって発信しています。

Apple製品は、iPhone 3GSの頃から使用しており、毎年アップグレードされるデバイスやiOSの変化に魅了されてきました。iPhoneの機能性や操作性が頻繁に変化する中で、ユーザーのサポートをしたいと思い、SBAPPを立ち上げました。

現在は、iPhoneやiOSの情報に加えて、SNSの障害や不具合、フィッシング詐欺メール・SMSに関する注意喚起など、幅広いテーマで記事を執筆しています。経験と知識を活かして、少しでも手助けとなる情報を提供していきます。

コメントを投稿する(承認後に反映)

*

Return Top