SBAPP

【iOS9】iPhone Cellular Calls(ほかのデバイスでの通話)機能がひっそりと進化している

iOS8で搭載された機能「iPhone Cellular Calls(ほかのデバイスでの通話)」をご存知でしょうか?
同機能は、親機(iPhone)に電話着信があった際に、同じWi-Fiネットワークに接続しているiOS8以上のデバイスでも、同時に着信を鳴らすことができる機能ですが、iOS9でひっそりと改良され、以前よりも便利な機能に進化しています。

iOS9でひっそりと進化した「iPhone Cellular Calls」機能

iOS8までは、iPhone Cellular Calls自体のオンオフしか出来なかった為、家中のデバイスで着信を鳴らすか鳴らさないかの極端な設定しか出来ませんでしたが、iOS9からは親機だけでデバイス別にiPhone Cellular Callsのオンオフを切り替えることができるようになりました。

家中のデバイスで着信を鳴らすのでは無く、「Apple Watchとリビングに置いてあるiPadだけ着信を鳴らす」といったことも可能になりました。
th_IMG_3339 (1)

iPhone Cellular Calls(ほかのデバイスでの通話)の設定方法

親機となるiPhoneで、「設定」→「電話」→「ほかのデバイスでの通話」→「ほかのデバイスでの通話を許可」をオンにして、許可するデバイスのみオンにしてください。
th_2

iPadに関しては、iOS8の時と同じ「設定」→「FaceTime」→「iPhoneから通話」から設定が可能です。
あまり注目されていないiPhone Cellular Callsですが、使いようによっては便利になるので、是非活用してみてくださいね。

著者情報

Ryo
SBAPPを運営しているRyoです。スマートフォンが国内で急速に普及し始めた頃から、iPhoneやiOSの使い方や不具合に関する情報を10年以上にわたって発信しています。

Apple製品は、iPhone 3GSの頃から使用しており、毎年アップグレードされるデバイスやiOSの変化に魅了されてきました。iPhoneの機能性や操作性が頻繁に変化する中で、ユーザーのサポートをしたいと思い、SBAPPを立ち上げました。

現在は、iPhoneやiOSの情報に加えて、SNSの障害や不具合、フィッシング詐欺メール・SMSに関する注意喚起など、幅広いテーマで記事を執筆しています。経験と知識を活かして、少しでも手助けとなる情報を提供していきます。

コメントを投稿する(承認後に反映)

*

Return Top