楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Apple Watch】機内モードをオフにしてもiPhone側は解除されない

Apple Watchにはリモート操作でiPhoneを「機内モード」や「おやすみモード」にする機能が備わっています。
iPhoneを取り出さずにモードを切り替える事が出来るので便利ですよね。
ただ、機内モードの取扱には少し注意した方が良いかもしれません。

悲劇

先日映画を観に行った時に事件は起きました。
上映前にApple Watchから機内モードをオンにしてiPhoneを鳴らないようにし、上映終了後にApple Watchから機内モードを解除しました。
帰宅後「今日はずいぶんiPhoneが静かだなぁ」と思って、ふと画面を見てみると機内モードのアイコンが表示されていました。
..そう、Apple Watchから機内モードをオフにしてもiPhone側の機内モードは解除されない仕様になっています。
きっと、私みたいに半日以上音信不通になった人もいるハズ。

機内モードを操作する為の設定

今回紹介している機内モードの遠隔操作には、iPhoneのAppleWatchアプリから以下の項目をオンにする必要があります。

「マイウォッチ」→「機内モード」の順にタップ。

「iPhoneを反映」をオンにする。

スポンサーリンク

機内モードを遠隔操作すると..

AppleWatchの文字盤画面で上にスワイプし、グランスの左端画面にある機内モードボタンをオンにする。

するとiPhone側も自動で機内モードになります。

ただし、機内モードを解除する際はコントロールセンターや設定アプリから機内モードをiPhoneで解除する必要があります。

この最後の解除を忘れてしまうと、私のように半日以上連絡が付かない事に。
ちなみに、おやすみモードに関してはAppleWatchから完全にリモートでオンオフの切替が出来ます。

つぶやき


近々AppleWatchを10日〜2週間使った感想を記事でお話したいと思います。
今回の機内モードで半日以上連絡が付かなくなったのも、実はAppleWatchが良い働きをしているからこそだったりします。
詳しいお話は後日記事にて!

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデートの最新情報、iOSや各種SNSの不具合やトラブル対処法など、How To情報を中心に届けるブログ「SBAPP」を運営。

コメント(承認制)

*

Return Top