楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】U1超広帯域(UWB)チップの位置情報をオフにする方法、U1チップとは?について

本記事ではiOS13.3.1アップデートで追加された新機能、U1超広帯域(UWB)チップによる位置情報の取得をオフにする方法を解説します。

U1超広帯域(UWB)チップによる位置情報サービスの使用を制御するための設定を追加

そもそもU1超広帯域(UWB)チップとは?メリットなど

iPhone 11、iPhone 11 Proシリーズには、超広帯域通信(UWB)を利用できるU1チップと呼ばれるものが搭載されており、U1チップを搭載したApple製品との位置関係(空間認識機能)などの情報から、これまでのiPhoneよりも正確な位置情報(誤差数センチ程度との情報も)を取得できるようになりました。

U1チップはiPhone 11/11 Proシリーズの特徴の一つとして公式でもPRされている。

U1チップによるメリットは位置情報の精度向上だけでは無く、AirDrop使用時にデバイスを向けた方向のiPhoneが送信先として優先的に認識されるなど、様々なメリットを得ることができます。

スポンサーリンク

U1チップによる位置情報の制御機能が追加された理由

ユーザーのプライバシーに直結する位置情報サービスですが、Appleはポリシーとして“位置情報サービスはユーザーがいつでも無効にできる”と掲げているものの、iOS13にはU1チップによる位置情報の取得をオフにする機能が用意されていませんでした。

またプライバシー設定の位置情報サービスをオフにしてもU1チップによる位置情報の取得が続くことから、Apple自身がポリシーに反しているとの指摘が挙がっていました。

位置情報サービスはいつでも無効にできます。その場合は、“設定”>“プライバシー”>“位置情報サービス”の順にタップしてから、グローバル位置情報サービス・スイッチや、位置情報対応Appまたは機能ごとの位置情報スイッチを“許可しない”に設定してオフにします。すべてのWebサイトの位置情報サービスを無効にするには、Safariの位置情報サービス設定を“許可しない”に設定します。“システムサービス”をタップし、位置情報に基づくシステムサービスごとのスイッチをオフにすることで、位置情報に基づくシステムサービスを無効にすることもできます。HomePodの位置情報サービスは、ペアリング済みのiOSデバイスまたはiPadOSデバイスの“ホーム”AppのHomePodの設定でいつでも無効にすることができます。

引用:位置情報サービスとプライバシー(Apple)

この問題を受け、iOS13.3.1でU1超広帯域(UWB)チップによる位置情報サービスを無効化するオプションが追加されたわけです。

U1チップによる位置情報取得をオフにする手順

iOS13.3.1以降、且つiPhone 11/11 Proをお使いの場合は、設定プライバシー位置情報サービスシステムサービスネットワークとワイヤレスをオフにして、“ネットワークとワイヤレス用の位置情報”オフにするをタップすると、U1チップによる位置情報取得をオフにできます。

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデート、iOSやSNSの不具合やトラブル対処法、モバイルアクセサリーのレビューなどを中心にお届けしているブログ「SBAPP」の代表です。

SBAPPは携帯電話の主流がガラケーからスマートフォンに移り変わる時期に、慣れない操作やトラブルで困る人の役に立てる記事を発信しようと思い立ち上げました。誰が読んでも悩みが解決する、そんな記事を心がけて執筆しています。

コメント

*

Return Top