楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】ストレージ「その他」の解放手順を解説した日本語版サポート記事が公開

iOS13以降の一部デバイスで、ストレージ容量「その他」の割合が多くなりiOSアップデートが適用できない問題の対処法を説明する日本語版のサポート記事がApple公式サイトで公開されています。

Apple公式によるストレージ「その他」の開放手順

iOS13〜iOS13.6ので不要なシステムデータファイル(その他)が削除されない不具合が生じており、一部のデバイスで最新バージョンのiOSアップデートに適用できない問題がiOS13.6.1で解消されました。

しかし、既にストレージ容量「その他」が肥大化しておりiOS13.6.1以降にアップデートできない場合、デバイスの初期化〜復元の操作でストレージを開放する必要があり、その際の手順を解説したサポート記事が今回公開された『iPhone や iPad で「その他」ストレージを解放する』になります。

スポンサーリンク

先日公開されたEN-US版の日本語版記事

ストレージの開放手順に関しては先行してEN-US版が公開されており、今回公開されたサポート記事はこちらを和訳したもので操作の手順自体に違いはありません。これからストレージ開放する場合は、以下の事項に注意しつつ実行するようにしてください。

  • iCloudバックアップから復元後、復元が完了する前にホーム画面が表示される場合があるため、設定Apple IDiCloudiCloudバックアップで復元の進捗状況を確認し、復元が完了してからiOSアップデートを実行してください。
  • デバイスのバックアップ作成時からアップデートを適用するまでの間は、新しいアプリのインストール、音楽やビデオのダウンロードやストリーミング再生はしないようにしてください。

デバイスのバックアップ、初期設定、コンピュータを使ったアップデート方法などは以下のサポート記事を参考にしてください。

関連記事【iPhone】iOS13.6.1アップデート適用で空き容量が増えた、容量「その他」が減る事例も

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデートの最新情報、iOSや各種SNSの不具合やトラブル対処法など、How To情報を中心に届けるブログ「SBAPP」を運営。

コメント(承認制)

*

Return Top