楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】写真やカメラのアクセス許可が設定に表示されない時の対処法 インスタ・Twitterなど

【iPhone】写真やカメラのアクセス許可が設定に表示されない時の対処法 インスタ・Twitterなど

SBAPPの読者の方から「Instagram(インスタ)やTwitterアプリで写真のアクセス許可が表示されない」との相談を受け、無事に解決できたので当時の対処法を記事として残します。もし同じ問題でお困りの場合は参考にしてください。

アプリのアクセス許可が表示されない問題

Instagram(インスタ)やTwitterなどのサードパーティーアプリでは、設定アプリからTwitterなど項目をタップすると、写真アプリやカメラアプリへのアクセス許可を設定できますが、アプリのアップデート適用後などにアクセス許可が解除されてしまい、設定アプリからアクセス許可の項目が消える場合があります。

写真のアクセス許可
左:写真のアクセス許可が表示されていない場合
右:写真のアクセス許可が表示されている場合

サードパーティーアプリで写真を投稿できる画面を開いた際に「〜が写真へのアクセスを求めています」「〜がカメラはのアクセスを求めています」と表示される場合、OKをタップすると再び許可できますが、稀にアクセス許可のボックスが表示されないことがあります。

アクセス確認
写真を読み込む画面を開くとアクセス許可のボックスが表示される場合は、そのまま「OK」をタップするだけでアクセスを許可できます。
スポンサーリンク

アプリの再インストールで解決することが多い

アプリを起動してもアクセス許可のボックスが表示されず、且つ設定アプリにもアクセス許可の項目が表示されない場合、アクセス許可が表示されないアプリ(Twitter、Instagramなど)を再インストールすることで、アプリ使用時にアクセス許可のボックスが表示されるようになります。

アプリの再インストール
アクセス許可が表示されない場合は、アプリの再インストールで解決することが多い。

この問題は何度か経験していますが、アプリのアップデートによってアクセス許可が解除され、アプリ内でアクセス許可が発生しない状況になる場合があるようで、現状は問題が生じる度にアプリを再インストールすることでしか解決できていません。

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデート、iOSやSNSの不具合やトラブル対処法、モバイルアクセサリーのレビューなどを中心にお届けしているブログ「SBAPP」の代表です。

SBAPPは携帯電話の主流がガラケーからスマートフォンに移り変わる時期に、慣れない操作やトラブルで困る人の役に立てる記事を発信しようと思い立ち上げました。誰が読んでも悩みが解決する、そんな記事を心がけて執筆しています。

コメント

*

Return Top