楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Twitter】表示が変わった、画像が大きく表示される問題と原因について(2021年10月1日時点)

2021年10月1日以降、Twitterのホーム(タイムライン)で画像が大きく表示されるユーザーが増えており、突然の変更にユーザーからは「表示が変わった」「画像の表示が大きくなった」「Twitterがインスタみたいになった」など困惑の声が多く挙がっています。

Twitterで画像が大きく表示される、余白が無いなど

2021年10月1日午前2時頃より、Android版Twitterアプリの一部利用者に対してタイムラインの表示デザイン(UI)の試験的な変更が実施されており、アカウントに対して変更が適用されるとツイートの添付画像の大きさ、ツイートの間隔、左右の余白などが変わる場合があります。

スポンサーリンク

Android版Twitterで実施されている一時的なテストによる影響

Android版Twitterアプリの一部利用者に対して行われたデザイン(UI)の変更は、タイムラインに表示される写真、GIF、動画の表示スペースを増やす目的のもと、一時的なテストとして実施されています。なお、2021年9月8日にiOS版Twitterアプリでも同じテストが行われています。

元のデザイン(UI)に完全に戻すことはできない

新しいデザイン(UI)がアカウントに対して適用された場合、Twitterアプリからログアウトし再ログインすることで一時的にテスト前のデザインに戻せる場合があります。

ただし、Twitterアプリを最小化したり再起動してしまうと新しいデザインが再適用されてしまうため、常に通常デザイン(UI)で使い続けることは難しく、完全に元に戻すには現在実施されているテストの終了を待つ必要があります。

コメント(承認制)

*

Return Top