楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】キーボードでの文字入力が快適になるおすすめ設定を解説

cat (1)
スポンサードリンク

今回はiPhoneでキーボードでの文字入力が快適になるお勧めの設定を紹介します。
今となっては、様々な拡張キーボードアプリをApp Storeからダウンロードできるようになり、以前よりも文字入力が格段と便利になりましたが、キーボードの基本的な設定を変更するだけでも文字入力は格段と楽になります。
寧ろ拡張キーボード云々よりも、基本的な設定をいかにシンプルにするかが、快適な文字入力をする上でのコツだと考えています。

私的おすすめのキーボード設定

快適な文字入力の環境を手に入れるには、まず不要なキーボードは設定から外してしまいましょう。
不要なキーボードを多く登録してしまうと、キーボードの種類変更(地球儀のような)キーをタップした際に、使いたいキーボードにスムーズにアクセスが出来なくなってしまい不便です。

「設定」→「一般」→「キーボード」→ 不要なキーボードを左にスワイプして「削除」をタップ。
th_1_keydel (1)

普段使っているキーボードの名称が不明な場合は、以下の画像を参考にしてください。
th_5_key (1)

日本語(フリック)キーボードと英語キーボードのみ設定すれば、1タップで双方のキーボードを簡単に切り替える事が出来て便利です。
th_2_keychange (1)

英語キーボードについては、項目をタップすることでキー配列の変更も可能です。
th_7_hairetsu (1)

快適な環境に設定を変更する

使っていないキーボードを設定から外したら、次はキーボードの設定を変更します。
キーボードに関する設定は「設定」→「一般」→「キーボード」から変更が可能です。
th_8_settings (1)
私個人的なおすすめの設定は..

  • 音声入力:オフ
  • フリックのみ:オン
  • 自動大文字入力:オフ
  • 自動修正:オフ
  • スペルチェック:オン
  • Caps Lockの使用:オン
  • 予測:オフ
  • ピリオドの簡易入力:オン

です。
これらの設定がどのような意味を持っているのか、順番に解説していきます。

音声入力

th_16_voice (1)
この設定をオンにすると、キーボードに「音声入力キー」が表示されるようになります。
音声入力キーをタップすると音声で文字を入力することができます。
音声入力を利用していないのであれば、フリック入力時に誤って音声入力機能を起動してしまう可能性があるのでオフが推奨です。

フリックのみ

th_9_flickonly (1)
「フリックのみ」をオンにすると、通常のかなキーボードで「あ」を2度タップして「い」を入力するような、ガラケー入力が出来なくなります。
またフリック入力のみがオフの状態で「あ」を連続で入力しようとすると、「あ」「→」「あ」→「あ」..の順にキーをタップして入力する必要がありますが、フリック入力のみオンにすることで「あ」を連続でタップするだけで入力することが出来るようになります。
フリック入力が出来る方であればオンが推奨です。

自動大文字入力

th_10_oomoji (1)
英語キーボードで文字を入力した際に、最初の1文字が自動で大文字になります。
日常的に英文を入力する方はオンで良いと思いますが、パスワードやメールアドレス程度の入力用途に利用しているのであれば、自動で大文字になることが仇になる場合もあるのでオフが推奨です。

自動修正

th_11_zidousyusei (1)
自動修正は入力した英文を自動でチェックして、誤っていれば正しい英単語に自動置換する機能です。
英単語では無い造語やニックネームまでもが置換されてしまう場合もあるのでオフが推奨です。

スペルチェック

th_12_spel (1)
入力した英単語のスペルが正しいか自動チェックする機能です。
自動修正とは異なり自動で置換される事は無く、誤っている部分が赤線で強調された部分をタップすることで置換候補の選択ができます。
文字の視認性が悪くなるように感じがするのであればオフでも良いと思いますが、万が一英語を入力せざる得なくなった時のスペルミス防止としてオンにしておいても良いと思います。

Caps Lockの使用

th_13_capslock (1)
英語キーボードで大文字を入力する際にSHIFT(↑)キーをタップする必要があります。
Caps Lockの使用をオンにすると、SHIFTキーを3度タップすることで常に大文字の入力が可能になります。
英語の大文字を連続入力する際に便利なのでオンが推奨です。

予測

th_14_yosoku (1)
英語キーボードの上部に、英文の予測候補が表示される機能です。
日常的に英文を入力する方であれば入力時間の短縮に繋がりますが、自動大文字の時と同様パスワードやメールアドレス程度の入力用途であれば、誤入力のリスクを生んでいるだけなのでオフが推奨です。

ピリオドの簡易入力

th_15_piriod (1)
英語キーボードでピリオドを入力しようとすると、通常であれば何らかの英語を入力した後に「数字キーに切替」→「ピリオド入力」→「英語キーに戻す」..のような操作が必要ですが、この設定をオンにするとspaceキーを2度タップするだけでピリオドの入力が出来るようになります。
メールアドレスやURLの入力をする時に便利なのでオンが推奨です。

th_16_voice (1)

これらの設定に変更するだけでも、かなり快適に文字入力をすることができます。
是非一度設定を見なおしてみてくださいね。

つぶやき

kogoto_prof

機能性が豊富な拡張キーボードを複数インストール&設定してしまいがちですが、拡張キーボードの場合は”キーボード切替ボタン”を長押ししても切り替えメニューが表示されないデメリットがあるので、拡張キーボードは必要最低限のキーボードだけ有効化するようにした方が良いです。
キーボードを増やしすぎるとキーボードの切り替えが本当に面倒です。

コメント2件

コメント&トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. お疲れ様です。
    いつも有用な情報提供ありがとうございます。

    気付きました点を一点だけお伝えします。

    ピリオドの簡易入力は以下の手順だと思います。

    1 英語キーボードで、アルファベットの入力
    2 スペースキーをダブルタップ

    ^^ノシ

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top