楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【レビュー】Spigen「ヴァレンティヌス」は本革の経年劣化を楽しむ事が出来るiPhone 7対応の手帳型ケース

spigen-leather (1)
スポンサードリンク

iPhone 7でApple Payを使用していると、店頭でポイントカードを提示する為に財布をポケットや鞄から取り出すことになってしまい、本来のApple Payの良さを完全に活かしきれていないことはありませんか?

今回はそんな面倒なポイントカードの提示をiPhoneだけで済ませることが出来る、3つのカードポケットを備えたiPhone 7対応の手帳型ケース「ヴァレンティヌス」をモバイルアクセサリーメーカーSpigen様より提供して頂いたので、早速レビューとしてお届けします。

Spigenの新作手帳型ケース「ヴァレンティヌス」は”経年劣化”を楽しむことが出来る本革ケース

一般的なiPhoneケースは経年劣化により痛む一方ですが、ヴァレンティヌスは本革素材を採用している為、革製品ならでは経年劣化による味のある変化を楽しむことができます。本革の経年劣化過程は唯一無二なので、長く使い続けるほどに愛着が湧くのではないでしょうか。

またiPhoneを装着するバンパー背部には、Spigenの車載ホルダーマウント「ヴェント」に吸着させることが出来る金属プレートが貼られているので、もしヴェントをお使いの場合でも安心して使用することが出来ます。

2_spigen-leather_up

ヴァレンティヌスにはカードポケットが3つ、幅広のポケットが1つ備わっています。

カードポケットにポイントカードやクレジットカード、幅広のポケットに現金を収納することで、Apple Payでの決済時にポイントカードを財布から取り出す必要が無くなりますし、Apple Pay非対応のお店でも財布を取り出さずに会計を済ませることが可能です。

磁気テープやICチップ搭載のカードの磁気飛びについて

Amazonの販売ページでは“ICカードやクレジットカードなどを収納することが出来ます”と記載されており、尚且つ開閉ベルトにはスナップボタンを採用しているので、ポケットにカード各種を収納しても磁気飛びは滅多に起きないとは思いますが、万が一の磁気飛びを防ぐのであれば、別途磁気干渉防止シートを購入した方が安心かと思います。

この件については担当の方に問い合わせているので、回答が届き次第改めて追記します。

追記
スナップボタンを採用しているので、磁気飛びを起こす可能性はほぼないとの回答をいただきました。実際に担当の方が過去モデルのヴァレンティヌスでICカードを入れて使っていたそうで、その際も磁気飛びが起きたことは無いとのことでした。

またSpigen製品に関しては、磁気飛びが起こり得る手帳型ケースについては、その旨の注意喚起文を掲載しているとのことです。以下同社製品ウォレットSの概要引用です。

クレジットカードなどの磁気カードを収納する場合、磁気部分がマグネットに重ならないように収納しください。

3_spigen-leather_up

Lightning端子部やスピーカー部は広く確保されています。一般的なLightning端子を使うアクセサリがケースと干渉してしまうことは殆ど無いかと思います。

4_spigen-leather_up

物理ボタン周りのバンパーは斜めにカットされているので、爪が短くても快適な操作が可能です。ボリュームボタンも親指の面で押下できます。

5_spigen-leather_up

背面には”VALENTINUS”と”spigen”の文字が丁寧に彫られています。また縫い糸や生地のほつれも無く、かなり丁寧に作られている印象を受けます。

6_spigen-leather_up

受話口部分が切り抜かれているので、ケースの蓋を閉じたままの通話も可能です。また受話口の切り抜きも非常に丁寧に行われており、革の断面がシャープに加工されています。(断面がボソボソしていない)

7_spigen-leather_up

カメラ周りも広く切り抜かれているので、写真撮影時に影やケースが写ってしまうことはありません。カメラレンズもケースの厚みによって保護されているので、iPhoneをデスクに多少雑に置いてもカメラレンズに傷が付く心配はありません。

8_spigen-leather_up

高級感があり非常に丁寧に作られた”ヴァレンティヌス”はギフトにも最適

ヴァレンティヌスはビジネス用途、プライベート用途のどちらでも活用できる手帳型ケースになっています。本革を採用したヴァレンティヌスは、合皮(PUレザー)の手帳ケースとは異なり、ポケットや鞄の出し入れの摩擦や日光によって“味のあるケース”に変化するかと思います。

また私の手元に届いたサンプル品では”ほつれ”や”断面の加工の粗さ”といった部分は見受けることは出来ず、革の縫合や革シートのカットなど、全体的にかなり丁寧に作り上げられた印象を受けました。

本革ということもあり、一般的なケースよりも若干値が張りますが、「1つのケースを長く使い込みたい」「革製品の味のある経年劣化を楽しみたい」「ビジネスもプライベートでも通用するケースが欲しい」「Apple Payをより便利に使いたい」「父親、彼氏へのプレゼントを探している」そんな方に特にオススメできるケースです。

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top