楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【レビュー】GAURUN「ピュア・ハイブリッド」、iPhone 12 Proの美しい背面を残せるクリアケース

先日ガラスフィルムのレビューもお届けしたブランド、GAURUN(ガウラン)からiPhone 12/12 Pro対応ケースのサンプルを提供して頂いたのでレビューします。

GAURUN「ピュア・ハイブリッド」の特徴について

GAURUN「ピュア・ハイブリッド」は、側面を衝撃吸収性に優れたTPU素材、背面には透明度を維持できるポリカーボネート素材を組み合わせたタイプのケースです。全体がTPU素材で作られたケースでは経年劣化による黄ばみが目立ちますが、ピュア・ハイブリッドであれば綺麗な背面を長く保てます。

ケースとしての保護力もしっかり保たれており、ディスプレイやカメラユニット周りのフチは擦り傷から保護できるよう高く設計され、ケース四隅には衝撃吸収効果のある「エアクッションテクノロジー」が作られているほか、ケース内部に籠もる熱を逃がすエアークーリングホールも備わっています。

iPhone 12/12 Proのワイヤレス充電にも対応しており、固定力は低下するもののMag Safeによる充電も可能なケースとなっているので、これらの充電方法を活用している方でも使用できる仕様になっています。

スポンサーリンク

GAURUN「ピュア・ハイブリッド」のフォトレビュー

背面は透明度の高いポリカーボネートパネルで、iPhone 12 Proの新色「パシフィック・ブルー」の美しい背面の色味もそのまま残すことができます。側面はグリップ間のあるTPU素材で緩やかなカーブ形状になっており、iPhone 12/12 Proの角の食い込みを軽減できます。

背面内側には薄く細かいドットパターンがプリントされており、本体とケースが密着することで生じるグレア現象(滲み)も防ぐ工夫が施されています。

カメラユニット周りのフチは高く設計されており、レンズの擦り傷を防止できます。フチの表面は平らな処理が施されており、デスクに置いた時の安定感も損なわれないよう仕上がっています。

下の角にはケース内部に籠もる熱を逃がす穴「エアークーリングホール」が2つ作られています。3Dゲームなど高負荷のアプリを使用する方、夏場炎天下の中でiPhoneを使用する方には嬉しい工夫です。

ディスプレイ面のフチも高く設計されており、画面を下にする置き方(フェイスダウン)をしても画面に擦り傷がつかないような設計になっています。

フチの高さが少し高めになっているので、同社のガラスフィルム(レビュー記事はこちら)であれば、ガラスフィルム自体へのダメージも防げます。

GAURUN「ピュア・ハイブリッド」を使用して1週間

GAURUN「ピュア・ハイブリッド」を使用して1週間程度経過しますが、装着当時はケースの厚みにより握り心地に違和感があったものの、今では慣れてしまい寧ろ握りやすさを感じています。

ケース内部(とくに側面)に目立つようなゴミや埃が混入することも無く綺麗な状態を保てていることから、iPhone 12/12 Proとケースの密着感にも優れているものと思われます。

エアクッションテクノロジーとTPUバンパーによる耐衝撃性、透明度に優れ傷にも強いポリカーボネートパネル、グリップ間に優れた丸みのある形状、内部に籠もる熱を逃がすエアークーリングホールなど、見た目と機能性の両方を兼ね備えているので、もしこれからiPhone 12/12 Proのケースの購入を予定されているのであればぜひ候補の一つに入れてみてください。

関連記事【レビュー】iPhone 12 Pro対応ガラスフィルム「GAURUN」を試す、貼り付けていることを忘れるほどの一体感

著者情報

Funaki Ryo
iPhoneの使い方、iOSアップデートの最新情報、iOSや各種SNSの不具合や障害情報、How To情報を中心に届けるブログ「SBAPP」の著者。iPhone 4の頃からiOSテクニック、不具合の対処法を中心に記事を書いてます。

運営ポリシーは、不具合の原因や対処に役立つ情報を一つでも多く集め、一人でも多くの人に役立てて貰える記事を公開すること。

コメント(承認制)

*

Return Top