楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【アプリ】PocketとTwitterを連携させる方法

後で読みたい記事や保存したい記事を登録管理できる「Pocket」
Twitterと連動させる事で、URL付ツイートのリンク先をPocketに簡単に保存する事が出来ます。
早速PocketとTwitterを連携させる方法を解説します。

Pocketって何?

Pocketについての詳細や基本的な使い方は以下の記事で解説しています。
【アプリ】iPhone版Pocketの使い方 – 祝!日本語化!

条件

以下の2つのアプリが必要です。

Twitter
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
無料
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。
AppStoreからダウンロード

Pocket (Formerly Read It Later)
カテゴリ: ニュース
無料
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。
AppStoreからダウンロード

スポンサーリンク

PocketとTwitterを連携させる方法

Twitterのアカウント画面にある、設定ボタンをタップ

メニューの設定をタップ

あとで読むをタップ

Pocketをタップ

Pocketのユーザー名(メールアドレス)とパスワードを入力し、保存をタップで連携完了です。

TwitterからPocketに登録する方法

URL付ツイートを開き、丸3つのボタンをタップ

Pocketに送信をタップ

Pocketで確認すると、ツイートに添付されていたURL先がPocketに保存されている事が確認出来ます。

Pocket&Twitterの両方持ちなら必須

出勤、通学途中にTwitterのタイムラインを見ていると、気になるURL付情報が流れる事ってありますよね。
PocketとTwitterを連携させておけば、Pocketに送信しておけば、時間がある時に簡単にチェックする事が出来ます。
数時間後に再度タイムラインを漁ったりしないように、Pocketを使いこなすと時間も有意義に過ごせるかもしれませんね。

著者情報

Ryo
iPhoneの使い方、iOSアップデートの最新情報、iOSや各種SNSの不具合や障害情報、How To情報を中心に届けるブログ「SBAPP」の著者。iPhone 4の頃からiOSテクニック、不具合の対処法を中心に記事を書いてます。

運営ポリシーは、不具合の原因や対処に役立つ情報を一つでも多く集め、一人でも多くの人に役立てて貰える記事を公開すること。

コメント(承認制)

*

Return Top