SBAPP

【LINE】iOS15のサポート終了、バージョン14.7.0以降にアップデートできない場合について

2024年5月16日、iOS版LINEバージョン14.7.0が配信されていますが、App StoreのリリースノートにてiOS15のサポート終了が案内されています。LINEをバージョン14.7.0以降にアップデートするには、iOS16.0以上が必要になります。

LINE バージョン14.7.0以降はiOS16.0以上が必要

2024年5月16日、iOS版LINEアプリのバージョン14.7.0アップデートが配信されましたが、最新アップデートのリリースノートを確認したところ、iOS15のサポート終了が案内されていました。

iOS版LINEアプリの互換性も「iOS16以降が必要」に。

■LINE VOOMで「いいね」数を競うコンテストを実施予定です。テーマをチェックして気軽に投稿してみよう!

■LINE Pay登録時に、手数料と年会費が無料のバーチャルプリペイドカード「LINEプリペ(Visa)」を発行します。Visaのタッチ決済、iDやオンラインショッピングですぐに利用できます。

■iOS15のサポートを終了。

引用:AppStore

iPhone 6s/6s Plus、iPhone 7/7 Plus、iPhone SE 第1世代は、LINE14.6.3が最終バージョン

LINEをiPhone 6s/6s Plus、iPhone 7/7 Plus、iPhone SE(第1世代)で利用している場合は、現時点ではバージョン14.6.3が最終バージョンになります。これらのモデルはiOS16以上に対応していないため、バージョン14.7以降にはアップデートできません。

iOS 15.0 ~ 15.8.2:LINEバージョン14.6.3まで利用可能
iOS 14.0 ~ 14.8.1:LINEバージョン13.5.1まで利用可能
iOS 13.0 ~ 13.7:LINEバージョン12.4.0まで利用可能
iOS 12.0 ~ 12.5.7:LINEバージョン11.17.0まで利用可能

引用:LINEヘルプ

LINEバージョン14.7.0でスタンプアレンジが履歴タブに自動保存

LINEバージョン14.7.0では、スタンプアレンジが履歴タブに自動保存されるようになっており、通常のスタンプと同じように、履歴タブから再使用できるようになりました。

スタンプアレンジの使用頻度が高いのであれば、バージョン14.6.3と14.7.0で快適性に差があるので、もしiPhone 6s/6s Plus、iPhone 7、iPhone SE(第1世代)を使用している場合は、iOS16以上に対応したiPhone 8、iPhone SE(第2世代)以降への機種変更も検討してみても良いかもしれません。

著者情報

Ryo
SBAPPを運営しているRyoです。スマートフォンが国内で急速に普及し始めた頃から、iPhoneやiOSの使い方や不具合に関する情報を10年以上にわたって発信しています。

Apple製品は、iPhone 3GSの頃から使用しており、毎年アップグレードされるデバイスやiOSの変化に魅了されてきました。iPhoneの機能性や操作性が頻繁に変化する中で、ユーザーのサポートをしたいと思い、SBAPPを立ち上げました。

現在は、iPhoneやiOSの情報に加えて、SNSの障害や不具合、フィッシング詐欺メール・SMSに関する注意喚起など、幅広いテーマで記事を執筆しています。経験と知識を活かして、少しでも手助けとなる情報を提供していきます。

コメントを投稿する(承認後に反映)

*

Return Top