SBAPP

【メール】「商品発送のお知らせ(配信専用メール)」詐欺の詳細と対処

2023年7月頃から、ヤマト運輸を騙る詐欺メール「商品発送のお知らせ(配信専用メール)」が出回っています。メール本文には、フィッシング詐欺サイトのURLリンクが添付されているため注意してください。

追記:2023年11月13日頃から、ヤマト運輸を騙る詐欺メール「商品発送のお知らせ」が出回っています。注意してください。

詐欺「商品発送のお知らせ(配信専用メール)」が急増

2023年7月頃から、ヤマト運輸を騙る詐欺メール「商品発送のお知らせ(配信専用メール)」が出回っています。メール本文には、配送状況を調べるよう記載されていますが、これはフィッシング詐欺サイトへの誘導を目的とした嘘(詐欺)であるため、URLリンクをクリックしないよう注意してください。

(メールアドレス) 様

この度は当店ご利用誠に有り難う御座います。

商品発送の手配が終了致しましたのでご連絡させて頂きました。

---------------------------

商品の運送はヤマト運輸に委託しております。
お荷物の配送状況をお調べの際は、下記のヤマト運輸URLより
伝票番号をご入力の上、お調べいただけます。

http://toi.kuronekoyamato.co.jp/cgi-bin/tneko?init

なお、配達時に梱包の外観に大きな傷や穴、箱の歪みなどが
見受けられる際は、輸送事故が発生している事もございます。

万一そのような状況であった場合は、お届け時に配送員まで
お伝えいただきますようお願いいたします。

またのご注文心よりお待ち申し上げております。

ヤマト運輸(クロネコメンバーズ)を装った偽サイトに注意

メール本文に記載されているURLリンク先は、ヤマト運輸公式サイト(クロネコメンバーズ)を装ったフィッシング詐欺サイトになっています。

詐欺サイトでは、クロネコIDやパスワード、クレジットカード情報の入力を求められますが、これらの個人情報を入力してしまうと、不正アクセス被害や不正利用被害に遭う恐れがあるため、入力しないよう注意してください。

クロネコIDやパスワード、クレジットカード情報を入力してしまった時の対処

詐欺サイトでクロネコメンバーズのアカウント情報(クロネコID、パスワード)を入力してしまった場合は、クロネコメンバーズ公式サイトでパスワードを変更し、登録情報が無断で変更されていないか確認してください。

また、クレジットカード情報を入力してしまった場合は、カード裏面に記載されているヘルプデスクなどに連絡し、フィッシング詐欺サイトで「クレジットカード情報を入力してしまったことを報告する」ようにしてください。

偽の送り状番号が記載された偽メールについて

ヤマト運輸を騙る詐欺メールの中には、偽の送り状番号が記載されていることがあり、メールの本文を見ただけでは、本物か偽物か判断が難しいケースがあります。

こういった場合は、ヤマト運輸公式サイトの荷物お問い合わせシステムに送り状番号を入力し、存在している送り状番号なのか、自身宛てに送られている荷物であるのか確認するようにしてください。

もし、荷物お問い合わせシステムを利用しても、受信したメールが本物か偽物か判断できない場合は、ヤマト運輸のサービスセンターに問い合わせるようにしてください。

サービスセンターの電話番号
スマートフォン・携帯電話からのお問い合わせ
ナビダイヤル 0570-200-000
[通話料有料]受付時間:8:00〜21:00(年中無休)

固定電話からのお問い合わせ
フリーダイヤル 0120-01-9625
受付時間 : 8:00〜21:00(年中無休)

引用:ヤマト運輸

ヤマト運輸「商品発送のお知らせ」メールに注意

2023年11月頃から、ヤマト運輸を騙る詐欺メール「商品発送のお知らせ」が出回っています。本記事で取り扱ったメールとは件名や本文が若干異なるので注意して下さい。詳細は以下の記事を参考にしてください。

関連記事【メール】「商品発送のお知らせ」ヤマト運輸を騙る詐欺の詳細と対処(2023年11月23日)

著者情報

Ryo
SBAPPを運営しているRyoです。スマートフォンが国内で急速に普及し始めた頃から、iPhoneやiOSの使い方や不具合に関する情報を10年以上にわたって発信しています。

Apple製品は、iPhone 3GSの頃から使用しており、毎年アップグレードされるデバイスやiOSの変化に魅了されてきました。iPhoneの機能性や操作性が頻繁に変化する中で、ユーザーのサポートをしたいと思い、SBAPPを立ち上げました。

現在は、iPhoneやiOSの情報に加えて、SNSの障害や不具合、フィッシング詐欺メール・SMSに関する注意喚起など、幅広いテーマで記事を執筆しています。経験と知識を活かして、少しでも手助けとなる情報を提供していきます。

コメントを投稿する(承認後に反映)

*

Return Top