SBAPP

【iPhone】iOS16.5で充電できない・給電できない不具合の詳細と対処

iOS16.5アップデート後、一部のiPhoneで充電できない問題が発生しています。ユーザーからは、「iOS16.5にアップデートしたら充電できなくなった」「カメラアダプタで充電できない」などの声が挙がっています。

iOS16.5で充電できない問題と原因

iOS16.5アップデート後、一部のiPhoneで充電できない問題が報告されています。この問題は、社外品の充電ケーブルを使用している場合と、Lightning – USB 3カメラアダプタを使用している場合で原因が異なります。

社外品Lightningケーブルで充電できない場合

iOS16.5アップデート後、社外品のLightningケーブル(充電ケーブル)で充電ができない場合、iOSアップデートによって使用が制限された可能性が考えられます。

この問題が発生した場合、対処法としてはApple純正のLightningケーブルまたはMFi認証を受けているLightningケーブルに買い替える必要があります。

ただし、MFi認証を受けているLightningケーブルを購入する際には、認証を詐称している商品も流通しているため、本当に認証を受けている商品であるか、MFi Licensed Accessoriesで確認することをおすすめします。

Lightning – USB 3カメラアダプタで充電できない場合

アクセサリ「Lightning – USB 3カメラアダプタ」で充電できない場合、iOS16.5で報告されている不具合が原因である可能性が考えられます。

Lightning – USB 3カメラアダプタに、USB-A Lightningケーブル、USB-A 電源アダプタ、またUSB PD非対応の電源アダプタやモバイルバッテリーを接続すると、充電できない問題が発生する傾向があります。

この問題の対処法として、Lightningケーブルと電源アダプタをApple社製の「USB-C – Lightningケーブル」と「20W USB-C電源アダプタ」に変えることで、給電および充電ができるとの報告があります。

また、電源については20W USB-C電源アダプタ以外にも、USB-C PD対応のモバイルバッテリー、ダイソーの20W USB-C PD対応の急速充電器(700円)などでも正常に動作する可能性があります。

USB-C-Lightningケーブルを使っての給電なら動作する、との情報があり、手持ちのiPhone XSで試したところ、無事動作しました。

給電しない→ USB-A充電器・USB-A-Lightningケーブルの組み合わせ
給電する→ USB-C PD対応充電器・USB-C-Lightningケーブルの組み合わせ

コメント投稿者:匿名さん

ちなみにダイソーの700円の20W 2ポート充電器です。PD対応でUSB-AとUSB-Cが付いているやつです。これのUSB-Cでうまく動きました。

コメント投稿者:匿名さん

Amazonで「Apple USB-C – Lightningケーブル(1 m)」を確認する

Amazonで「Amazonで「Apple 20W USB-C電源アダプタ」を確認する」を確認する

著者情報

Ryo
SBAPPを運営しているRyoです。スマートフォンが国内で急速に普及し始めた頃から、iPhoneやiOSの使い方や不具合に関する情報を10年以上にわたって発信しています。

Apple製品は、iPhone 3GSの頃から使用しており、毎年アップグレードされるデバイスやiOSの変化に魅了されてきました。iPhoneの機能性や操作性が頻繁に変化する中で、ユーザーのサポートをしたいと思い、SBAPPを立ち上げました。

現在は、iPhoneやiOSの情報に加えて、SNSの障害や不具合、フィッシング詐欺メール・SMSに関する注意喚起など、幅広いテーマで記事を執筆しています。経験と知識を活かして、少しでも手助けとなる情報を提供していきます。

コメントを投稿する(承認後に反映)

*

Return Top