楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【watchOS5】アップデートの新機能と変更内容まとめ

スポンサーリンク

本日Apple Watch向けに、ワンタップで互いに連絡を取り合えるトランシーバーやペース通知に対応した高度なランニング機能などを追加した、watchOS5アップデートの配信が開始しました。

watchOS5のアップデート詳細

今回のwatchOS5アップデートは、対応したApple Watch同士でワンタップで通話ができるトランシーバー、ペース通知やラップ記録にも対応した高度なランニング機能など、多数の新機能が追加されています。

アクティビティ
・アクティビティを共有している友だちと7日間の1対1の競争をすることが可能
・アクティビティのリングを完成させた割合(1パーセントで1点)が毎日得点に加算
・”アクセシビリティ”Appの共有タブで進行中の競争を表示可能
競争中は、進捗状況に応じて、賢くパーソナライズされた通知を受信
・狭小終了後に獲得したバッジは、デザインが改良された”バッジ”タブで表示可能
ワークアウト
・ワークアウトの自動検出機能により、多数のワークアウトにおいて、すでにエクササイズを開始しているときには”ワークアウト”Appを起動するように(かつ、すでに動いた分についてデータは遡って加算)、また終了している場合はワークアウトをAppで終了させるように通知を送信
・ヨガおよびハイキングのワークアウトで関連する測定値を正確に表示
・屋外ランニングワークアウトの目標ペースを設定し、ランニング中に目標より速いか遅いかについての通知を受信することが可能
・走行中のケイデンス、または毎分の歩数を測定、および平均ケイデンスをワークアウトの概要に表示
・ランニングワークアウトで、直近の1km(または1マイル)のペースを表示するローリングペースを表示
Apple Podcast
・Apple Podcastで登録済みの番組を、Bluetoothヘッドフォンを利用して視聴できるようにApple Watch上に同期することが可能
・登録済みの番組に新規エピソードが追加されるたびに自動的に更新
・Wi-Fiまたはモバイル通信ネットワークに接続されている場合、Apple Podcastのエピソードまたは番組をストリーミング再生可能
・文字盤で新しいPodcastコンプリケーションを利用可能
トランシーバー
・Apple Watchを使用している友だちを会話に招待することが可能
・話すときにはボタンを押し、指を離せば相手の声を聴くことが可能
・Apple Watchを持っている相手であれば誰とでも一対一の会話が可能
・ほかの通知を区別可能な特別なサウンドと触覚フィードバック
・”トランシーバー”で現在会話できる状態かどうかを測定可能
・”トランシーバー”はApple WatchがWi-Fiまたはモバイル通信ネットワークに接続されているか、またはiPhoneにペアリングされている場合に使用可能
文字盤
・”呼吸”文字盤で以下の4つのアニメーションを選択可能:クラシック、カーム、フォーカス
・手首を上げたりタップするとアニメーションが開始する新しい3つの文字盤:Fire & Water、Vapor、Liquid Metal
・”写真”文字盤で、”メモリー”のオプションを使用して写真ライブラリから厳選された写真を表示可能
・新しいPodcastと”トランシーバー”用のコンプリケーション
Siri
・位置情報や時間情報に基づいてその場面にふさわしいショートカットを賢くあらかじめに表示するようにSiri文字盤をアップデート
・”マップ”機能をSiri文字盤に統合し、ターンバイターン経路および次のカレンダーイベントの場所までの予想到着時刻を表示
・心拍数の測定値(安静時心拍数、歩行時平均、心拍数の回復を含む)をSiri文字盤に表示
・Siri文字盤で他社製Appのショートカットに対応
・”手首を上げて話す”機能により、Apple Watchを口の前に持ってきてただ話すだけでSiriにアクセス可能(Series3以降)
・iPhoneで作成/管理されたSiriショートカットのボイスコマンドに対応
通知
・通知の管理を簡単にするため、同じAppからの通知を自動的にグループ化して表示可能
・通知センターでAppの通知を左にスワイプしてそのAppの通知設定を変更可能
・新しい”目立たない形で配信”機能により、サウンドやバナーを出さずに通知を通知センターだけに表示させることが可能
・所定の時間、場所、またはカレンダーのイベントのあとで”おやすみモード”をオフにすることが可能
心拍数
・安静時とみられる10分間に指定された値よりも心拍数が下がった場合に通知を送信するオプションを追加
・心拍数の測定値(安静時心拍数、歩行時平均、心拍数の回復を含む)をSiri文字盤に表示
その他の新機能および改善
・”メール”または”メッセージ”でリンクを受信した場合、WebサイトのコンテンツをApple Watchで見やすいようにレイアウトして表示
・Apple Watchで都市を”天気”Appに追加可能
・UV指数、風速、空気質指数などの測定値を”天気”Appで表示(対応している地域のみ)
・Apple Watchで株式銘柄を”株価”Appに追加可能
・コントロールセンターのアイコンの表示順序を変更可能
・”設定”AppでWi-Fiネットワークを選択可能、パスワードを要求された場合入力も可能
・FaceTimeビデオ通話にApple Watchでオーディオ通話として返答可能
・ソフトウェア・アップデートを夜間にインストールする機能を追加
・”メール”または”メッセージ”で、絵文字をスクロールして選択する場合の表示を改良
・対応するシステム言語にヒンディー語を追加

Apple Watch同士を繋ぐトランシーバー機能

Apple Watch同士を手軽に繋ぎ、通話ができる機能「トランシーバー」が追加されました。Wi-Fiもしくはセルラー通信を使用することで、Apple Watchユーザー同士で気軽に通話をすることができます。

アクティビティで友だち同士で競争ができる

既存のアクティビティに機能に、友だちを誘って7日間のアクティビティポイントで競争ができる機能が追加されました。またアクティビティを1週間やり遂げるためのコーチング通知にも対応しました。

ワークアウトの自動検出に対応

watchOSの人気のあるワークアウトのみ自動検出に対応し、ワークアウトセッションを開始するよう通知が届くようになりました。またワークアウトの開始時点まで遡り、成果を加算することもできるようになりました。

新ワークアウト「ヨガ」と「ハイキング」が追加

ワークアウトの種類に、新しく「ヨガ」と「ハイキング」が追加され、これらの運動も燃焼カロリーや時間の記録ができるようになりました。

高度なランニング機能

ランニングに特化した高度なランニング機能が追加され、1分間あたりの歩数計算、目標ペースを維持するためのペースアラームなどが使用できるようになりました。

スポンサーリンク

PodcastアプリがApple Watchに追加

外出先でもApple Watchでお気に入りのポッドキャストの視聴ができる、Podcastアプリが追加されました。

ポッドキャストの各エピソードは自動的にApple Watchに同期され、他の端末で視聴を終えた番組は自動で最新エピソードにリフレッシュする機能も備わっています。

Siriの文字盤に予測されたショートカットなどが追加

Siriの文字盤が機能強化され、スケジュールや位置情報、ワークアウト後の心拍数など、様々な情報から最適な機能を最適な時刻に案内するショートカット表示に対応しました。

watchOS5にアップデートする方法

  1. Apple Watchの管理アプリ「Watch」を起動する。
  2. th_IMG_2960 (1)

  3. マイウォッチから一般をタップ。
  4. th_IMG_2961

  5. ソフトウェア・アップデートをタップ。
  6. th_IMG_2962

  7. ダウンロードとインストールをタップ。
  8. 画像はwatchOS4アップデート当時のものですが、手順に違いはありません。
  9. iPhoneのパスコードを入力。※パスコードロックがオンの場合のみ。
  10. th_IMG_2964

  11. 規約が読んだ上で同意するをタップすると、watchOS5のダウンロードが始まります。
  12. th_IMG_2965

なお、アップデートには以下の条件を満たしている必要があります。

  • Apple WatchがWi-Fiに接続されたiPhoneの通信範囲内にある
  • 充電器に接続されている
  • 50%以上充電されている
  • 親機のiPhoneがiOS12にアップデート済みであること

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top