SBAPP

【iPhone】タップだけでページをスクロールする方法 – 広告も回避できる!

Safariで様々なページを閲覧していると、時折長いページを見る事があると思います。
そういった時スクロールを続けていると、

  • 指が疲れる
  • 開くつもりの無い広告を開く

といった経験はありませんか?
今回はそういった悩みを解消する、「タップでスクロール」する方法をご紹介します。

事前準備

設定 → 一般 → アクセシビリティ → AssistiveTouch → AssistiveTouchをオンにする
th_IMG_1306

登録方法

ホーム画面等でAssistiveTouchをタップしてメニューを開き、「よく使う項目」をタップ。
th_2014-07-20 7.39.34

未登録の「+」をタップして、新規ジェスチャを登録する。
th_2014-07-20 7.39.58

下から上に指を滑らせる
th_2014-07-20 7.40.42

右上の保存をタップ
th_2014-07-20 7.41.37

ダイアログの「保存」をタップ
th_2014-07-20 7.41.57

使用方法

AssistiveTouchをタップしてメニューを開き、「よく使う項目」をタップ。
th_2014-07-20 7.42.43

先程作成したスクロールジェスチャをタップ。
th_2014-07-20 7.42.46

ジェスチャがオンになると丸いボタンが表示されるので、タップするとスクロールされます。
th_2014-07-20 7.42.50

タップでスクロールは勿論の事、途中にある広告も誤って開く事がありません。
th_2014-07-20 7.43.45

つぶやき

kogoto_prof
実は深夜遅くに腹部〜胸に激痛が走り、経験した事が無い痛みだったので救急車で搬送、検査入院となりました。
今は病室からiMacで記事をアップしています。
通信が認められたので安心・・。
といっても、何が起きるのか私もわからないので、急に更新をお休みする可能性もあるので、ご了承下さい!

著者情報

Ryo
SBAPPを運営しているRyoです。スマートフォンが国内で急速に普及し始めた頃から、iPhoneやiOSの使い方や不具合に関する情報を10年以上にわたって発信しています。

Apple製品は、iPhone 3GSの頃から使用しており、毎年アップグレードされるデバイスやiOSの変化に魅了されてきました。iPhoneの機能性や操作性が頻繁に変化する中で、ユーザーのサポートをしたいと思い、SBAPPを立ち上げました。

現在は、iPhoneやiOSの情報に加えて、SNSの障害や不具合、フィッシング詐欺メール・SMSに関する注意喚起など、幅広いテーマで記事を執筆しています。経験と知識を活かして、少しでも手助けとなる情報を提供していきます。

コメントを投稿する(承認後に反映)

*

Return Top