楽しくiPhoneライフ!SBAPP

【iPhone】iOS15.6でSafariが重い・フリーズする問題の詳細と対処

iOS15.6アップデート後、一部のiPhoneでSafariの動作が重くなる問題が報告されており、「iOS15.6にしたらSafariが重くなった」「Safariが不安定になった」「Safariがフリーズした」などの声が増えています。

iOS15.6でSafariが重い、動作が不安定になる問題

iOS15.6アップデート後にSafariの動作が重くなる不具合が生じる場合があり、一部のiPhoneでSafariの動作全般(タップに対する反応、読み込み・表示速度)のパフォーマンス低下、フリーズする等の問題を報告する声が増えています。

iOS15以降、Safariに関する問題や不具合の報告が多い傾向

iOS15以降、Safariの動作が不安定になる問題が続いており、動作速度の低下以外にもブックマークの順番が入れ替わる、開いているタブが消える、他タブグループに移動する等の問題が報告されています。

  • 同期しているブックマークの順序が入れ替わる
  • 動画を再生するとプレイヤーが真っ黒になり映像が表示されない
  • トップページ「よく閲覧するサイト」を削除してもSafariを再起動すると復活する
  • iOSデバイスのみ一部ウェブサイトの読み込みが重い
  • 意図しない動作(勝手に前ページに戻る等)
スポンサーリンク

Safariの動作が重い時の対処について

iOS15.6アップデート後、Safariの動作が重たい場合は以下の設定等を一つずつ見直し、Safariの動作が改善しないか試してください。

  • タブグループで開きっぱなしのタブを閉じる、最低限のページのみ残す
  • 「新規タブグループ」の数を最低限に減らす、整理する
  • コンテンツブロッカーアプリをインストールしている場合は無効化する(設定Safari拡張機能
  • コンテンツブロッカーアプリでVPNを導入している場合は無効化する設定一般VPNとデバイス管理
  • 履歴とWebサイトデータを消去する(設定Safari履歴とWebサイトデータを消去
  • 対処を試した後にiPhoneを再起動する

iOS15.6ではWi-Fiの通信速度が低下する問題も報告

ページの読み込み速度や表示速度が低下した場合であれば、Safariでは無く通信回線に問題がある可能性も考えられます。

iOS15.6ではWiFiの通信速度が低下する問題も報告されているため、こちらの記事「【iPhone】iOS15.6でWi-Fiが繋がらない・通信速度が遅い問題の詳細と対処」もあわせてご覧ください。

コメント(承認制)

*

Return Top