SBAPP

【iPhone】iOS15のSafariで動画が勝手に再生、自動再生される問題と対処について

2021年9月27日現在、iOS15アップデートを適用したユーザーから「SafariでYouTubeが自動再生される」「Safariの埋め込み動画が勝手に再生される」など、ウェブページ内の動画を意図せず再生してしまう問題が相次ぎ報告されています。

Safariで動画が勝手に再生、自動再生される事例が急増

iOS15アップデートが配信された2021年9月21日頃より、iPhoneのSafariでウェブページに埋め込まれたYouTube動画が勝手に再生される、意図せず再生してしまう問題が相次ぎ報告されています。

問題を報告するユーザーの中には、サイレントスイッチ(マナーモード)をオンにしていたものの、本体の再生音量を0にしていなかった為に電車内で動画の音声を再生してしまった等の声も見受けられます。

埋め込み動画の一部に触れると自動で再生される

iOS版Safariの場合、ページのスクロール操作などで埋め込まれたYouTube動画の一部に触れてしまうと、プレイヤー内の再生ボタンをタップしていないにも関わらず、意図せず埋め込まれたYouTube動画が自動再生される状況になっているようです。

Safariでウェブページに埋め込まれたYouTube動画の一部をタップすると自動で再生されます。

iOS15以外のSafariやChromeなどでも

今回のSafariで意図せず動画が再生される問題は、iOS15アップデートが配信された2021年9月21日頃から報告が急増しているものの、実際にはiOS15で発生した不具合では無く、iOS版SafariであればiOSのバージョン問わず発生するようです。(iOS13実機でも再現確認)

またSafariでは無い別のブラウザに変更することで対処できるか確認したところ、iOS版ChromeやFirefoxなどでも同様の問題が発生することから、YouTube側の埋め込みコードの改修、あるいはiOSアップデートによる対応を待つ必要があります。

執筆時点では、改善までの間はサイレントスイッチ(マナーモード)使用時には再生音量を0にする、再生音量が0になっていることを確認する習慣をつけて防止するしか無い状況です。

著者情報

Ryo
SBAPPを運営しているRyoです。スマートフォンが国内で急速に普及し始めた頃から、iPhoneやiOSの使い方や不具合に関する情報を10年以上にわたって発信しています。

Apple製品は、iPhone 3GSの頃から使用しており、毎年アップグレードされるデバイスやiOSの変化に魅了されてきました。iPhoneの機能性や操作性が頻繁に変化する中で、ユーザーのサポートをしたいと思い、SBAPPを立ち上げました。

現在は、iPhoneやiOSの情報に加えて、SNSの障害や不具合、フィッシング詐欺メール・SMSに関する注意喚起など、幅広いテーマで記事を執筆しています。経験と知識を活かして、少しでも手助けとなる情報を提供していきます。

コメントを投稿する(承認後に反映)

*

Return Top