楽しくiPhoneライフ!SBAPP

【iPhone】iOS15.4.1でバッテリーの減りが早い、アップデートで改善するとは限らない結果に

iOS15.4.1アップデート適用後、ユーザーから「iOS15.4.1でもバッテリーの減りが早い」「バッテリーが早く消耗する問題が改善されていない」など、バッテリーパフォーマンスの低下が報告されています。

iOS15.4.1でバッテリーの減りが早いとの声が増える

iOS15.4.1アップデート適用後、一部のiPhoneでバッテリーパフォーマンスの低下が報告されており、AppleサポートコミュニティやTwitterなどでは「iOSアップデート後からバッテリーの減りが早い」との声が増えています。

My battery is lasting barely half of what it used to prior to iOS 15.4.1. Overnight, without any apps running, and all background refresh off, my battery dropped from 98% to 55%. Before, it would drop, maybe, 5%.

引用:Appleサポートコミュニティ

バッテリーが早く消耗する可能性がある問題解消の期待値が高かった

iOS15.4.1にはバッテリーパフォーマンスに関する修正が含まれているものの、実際には期待するほどの変化が無い場合もあり、iOS15.4以前と変わらないバッテリーパフォーマンス、バッテリーの持ち時間であることに落胆した声が多い印象です。

リリースノートには「バッテリーが予想より早く消耗する"可能性がある"問題」と記載されていますが、昨今報告されているバッテリーパフォーマンス低下の原因は複数、あるいは別にある可能性も考えられます。

• iOS 15.4にアップデートしたあと、バッテリーが予想よりも早く消耗する可能性がある問題

スポンサーリンク

検証では旧機種のバッテリー駆動時間が改善傾向となる結果に

iAppleBytesのiOS15.4とiOS15.4.1のバッテリー駆動時間を計測した動画(参考1 / 参考2)を比べると、アップデート前後で駆動時間に差が発生していることを確認できます。

デバイスはバッテリー計測用に用意されたもので、画面の明るさ設定やバッテリー健康状態は合わせており、ベンチマークアプリ「Geekbench 4」で計測された結果になります。

全ての使用環境で下記結果になる訳ではありませんが、あくまで検証ベースだと旧機種ではiOS15.4.1アップデートによりバッテリー駆動時間が延びる傾向があり、最近の機種ではバッテリー駆動時間の改善はみられません。

あくまで測定結果からの予想にはなりますが、iOS15.4.1の「バッテリーを予想より早く消耗する可能性がある問題」は、旧機種を対象とした修正である可能性も考えられそうです。

機種 iOS15.4 iOS15.4.1
iPhone SE 2時間52分 2時間48分 -4分
iPhone SE (第3世代) 3時間48分 3時間48分 ±0分
iPhone 6s 3時間13分 3時間17分 +4分
iPhone 7 3時間33分 3時間42分 +9分
iPhone 8 5時間18分 3時間27分 +9分
iPhone XR 5時間11分 4時間55分 -16分
iPhone 11 5時間34分 5時間16分 -18分
iPhone 12 6時間12分 6時間30分 +18分
iPhone 13 8時間26分 8時間00分 -26分

アップデートから48時間程度はバッテリーパフォーマンスが低下する

iOS15.4.1アップデートを適用してから間もない場合であれば、時間をあけることでアップデート以前のバッテリーパフォーマンスに回復する場合があります。

AppleもiOSアップデートから最大48時間程度はアプリや機能に関する調整が発生すると案内しているほか、昨今のiOSアップデート適用後は「5日経ったらバッテリーの減りが落ち着いた」など、アップデート適用後から1週間程度で元のバッテリーパフォーマンスに回復したとの声も少なくはありません。

日数が経過してもバッテリーの減りが早い時について

iOSアップデート適用後、1週間以上経過してもバッテリーの減りが早い場合、設定アプリのバッテリー画面で「App毎のバッテリー使用状況」を確認し、特定のアプリがバッテリーを多く消耗していないか確認するようにしてください。

特定のアプリがバッテリーを多く消耗している場合は、アプリ内にて負荷を軽減する設定がある場合はそちらを変更するか、代用可能なアプリであれば別のアプリを探すようにしてください。

もしアプリのバッテリー使用状況に問題が無い場合は、iOSがバッテリーを多く消耗している可能性があるため、リカバリーモードからiOSを再アップデートするとも検討すると良いかと思います。

他にも低電力モードの有効活用、画面の明るさを暗くするなどして、バッテリーの消耗を節約するのも選択肢の一つですが、根本的な問題はiOSアップデートによるバッテリーパフォーマンス改善を待つほかありません。

(iPhoneのバッテリーの状態、最大容量が80%以下まで低下している場合はバッテリー交換等の検討も)

コメント(承認制)

*

Return Top