楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iOS 15 beta 3が開発者向けにリリース、Safariがより使いやすくなるアップデートに

Appleが今秋リリースを予定しているメジャーアップデートの各種ベータ版、iOS 15 beta 3やiPadOS 15 beta 3などが開発者向けにリリースしました。

  • macOS Monterey beta 3 (21A5284e)
  • iOS 15 beta 3 (19A5297e)
  • iPadOS 15 beta 3 (19A5297e)
  • watchOS 8 beta 3 (19R5302f)
  • tvOS 15 beta 3 (19J5304d)

iOS 15 beta 3ではSafariのUI調整、最適化が中心に

Appleが開発者向けにリリースしたiOS 15 beta 3では、主にiOS 15で大幅な刷新が行われるSafariに関する新機能追加や変更、設定アプリ内のリセット画面の刷新などが行われています。

  • SafariのURLバーをタップした際に使用できる検索ボックスがキーボード上部に表示されるように変更。
  • Safariのフローティングタブバーを長押しすると表示されるメニューにリロードが追加。(iOS15ではページ最上部に表示されるページ名、タブ名の部分が画面下に移動し、フローティングタブバーとして刷新されます)
  • 設定アプリ内のリセット画面が刷新され、iPhoneを転送するボタン(主に機種変更時等の使用を想定)リセットボタン全てのコンテンツと設定をリセットボタンの3つのみ表示。
  • App StoreにiOS 15で追加された新機能等を解説するスプラッシュスクリーンが追加
  • 新機能「フォーカス」の設定画面のUI調整
  • アルバムアートワークや曲に基づいて色などが変化するApple Musicウィジェットが追加。一時停止を表すラベルも追加。
  • iOS15のユーザビリティ機能、バックグラウンドサウンド(背景音楽)に関するショートカットオプションの追加
スポンサーリンク

Safari使用時の操作や目線が下半分で完結するように

iOS 15では数多くのアプリや画面が大幅刷新されますが、その中でもSafariはとくに大きく変化します。

iOS14.XではURLバーやページ名(タブ名)がページ最上部に表示されますが、iOS 15では全て画面下部に集約され、現在のメニューバー(ブックマーク、共有など)で使用できる機能も全てフローティングタブバーとして生まれ変わります。

今回リリースされたiOS 15 beta 3ではSafariのUIが更に洗練され、基本的に画面下半分の操作だけで完結するようになり、且つ検索ボックスなども下半分に集約されたことにより、Safari操作時に目線を上下に動かす必要がなくなりました。

iOS 15の新機能や対応機種について

iOS 15の新機能や変更点については、WWDC 2021での発表内容を【iPhone】iOS15の新機能がWWDC2021で発表、新機能や対応機種の詳細について、対応機種は【iPhone】iOS15アップデートの対応機種まとめ、iPhone 6s以降の機種が対応でまとめています。

コメント(承認制)

*

Return Top