楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iOS13.6とiPadOS13.6でリンゴループ不具合が報告、バックアップの作成を忘れずに

iPhoneをiOS13.6、iPad ProをiPadOS13.6にアップデートしたユーザーから、アップデート適用後にAppleのロゴから先の画面に進むことができず起動できなくなり、工場出荷状態への初期化と復元をせざる得なくなった事例が報告されています。

iPadOS13.6でリンゴループ、工場出荷状態への初期化も

吸血鬼などをテーマにしたイラストを投稿している@tardonkieart氏によると、iPad ProをiPadOS13.6にアップデートしたところ、起動時にAppleロゴから先の画面が表示されない(リンゴループ)状態になり、デバイスを工場出荷状態に初期化せざる得なくなったとのこと。

また同氏はAppleサポートにも相談しているようですが、担当者からはソフトウェアアップデート適用後にデバイスがリンゴループになる問題を抱えるユーザーは複数いるとの回答を得たようです。

アップデート適用後にデバイスがリンゴループになる原因はわかっていないため、万が一に備えてデバイスをPCに接続してバックアップを作成するか、保存されているイラストや画像といったデータをDropboxやGoogleドライブなどのクラウドストレージに保存するなどして備えておく必要があります。

スポンサーリンク

iOS13.6でもリンゴループの不具合が報告されている

ソフトウェアアップデート適用後にリンゴループになる不具合はiPadOS13.6に限ったものでは無く、iOS13.6アップデートにおいても同様の問題が報告されているほか、iOS13以降から継続して報告されている問題の一でもあります。

iOSアップデート適用後にリンゴループになった場合、リカバリーモードからアップデートを再度適用することで改善する場合もありますが、工場出荷状態に初期化しなければいけない状況になった時に備えて、iOSアップデート前に必ずバックアップを作成するよう注意してください。

関連記事【iPhone】iOS13で復元やデータ移行、iOSアップデートでフリーズ(文鎮化)する問題の対処法

コメント(承認制)

*

Return Top