楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】温度警告「高温注意」が表示される事例相次ぐ、電源をオフにして自然と冷めるのを待つ

連日の猛暑の影響によりiPhone本体が高温になり、画面に高温注意の警告が表示され操作全般(メール、電話、ナビ等)ができなくなる事例が相次ぎ報告されています。

連日の猛暑で「高温注意」が表示される事例が相次ぐ

全国的に猛暑のピークが続いており、外出中にiPhoneの画面に警告「高温注意」が表示され、基本機能である電話やメールなどが使えなくなるユーザーが相次いでいます。とくに直射日光が当たる場所にiPhoneを放置した、車内に置き忘れてしまったと報告するユーザーが多い印象です。

スポンサーリンク

高温注意により操作が制限、通話などができない場合も

iPhoneは周囲の温度が0~35度の環境で使うことが推奨されており、高温の環境で使い続けるとバッテリーの持ちが悪くなることがある他、以下のような問題が生じる場合があります。

  • 充電速度が遅くなる、充電できなくなる
  • 画面が暗くなる、画面が点灯しない
  • 電波強度が著しく低下する
  • 背面のLEDライト機能(懐中電灯、フラッシュ等)が使えない
  • 緊急電話以外の操作が制限される
  • デバイスに負荷が掛かるアプリのパフォーマンスが低下する

また周囲の温度が35度以下であっても、高温な車内に放置した場合や直射日光の当たる車のダッシュボードでナビアプリを使い続けることでも温度警告(高温注意)が表示されることがあります。

高温注意が表示された場合は自然に冷めるのを待つ

iPhoneの画面に温度警告(高温注意)が表示された場合はデバイスの電源をオフにし、熱がこもる原因にもなる保護ケースと充電ケーブルを外し、涼しい場所で自然と温度が冷めるのを待つようにしてください。

冷蔵庫や保冷剤を使って急速に冷ます方法はiPhone内部に結露が発生し、最悪の場合は故障につながる場合があるので絶対にしないようにしてください。

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデートの最新情報、iOSや各種SNSの不具合やトラブル対処法など、How To情報を中心に届けるブログ「SBAPP」を運営。

コメント(承認制)

*

Return Top