楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iOS13.6以降で自動アップデートをオフにする方法、カスタマイズの使い方について

一部のiPhoneでiOS13.6アップデート適用時にリンゴループ不具合が報告されていることから、iOS自動アップデート機能をオフにするユーザーが増加しています。本記事ではiOS13.6以降のiPhoneで自動アップデート機能をオフにする方法を解説します。

iOS13.6以降の自動アップデートの設定方法

  1. 設定から一般をタップ
  2. ソフトウェア・アップデートをタップ
  3. 自動アップデートをカスタマイズをタップ
  4. iOSアップデートをダウンロードiOSアップデートをインストールをオンオフ操作する

スポンサーリンク

iOS自動アップデートのカスタマイズ機能の使い分けについて

iOS13.6以降のiPhoneでは、iOS自動アップデート機能にカスタマイズ機能が追加された影響により、自動アップデートの方法を「iOSアップデートをダウンロード」「iOSアップデートをインストール」から選択することができます。

「iOSアップデートをダウンロード」のみオンにした場合、最新ソフトウェア・アップデートが自動でダウンロードされますが、iOSアップデートは自動で適用(インストール)されないので手動でiOSアップデートを適用したい方はこちらだけオンにしてください。

「iOSアップデートをダウンロード」「iOSアップデートをインストール」の両方をオンにした場合、最新ソフトウェア・アップデートが自動でダウンロードされ、夜間に自動的にアップデートが適用(インストール)されます。

もしiOSアップデートの適用による不具合を避けたい、あるいはiOSアップデートの評判を確認してから適用したい場合は、iOSアップデートをダウンロードのみオンにするか、両方のスイッチをオフにするようにしてください。

関連記事【iPhone】iOS13.6のリンゴループ不具合、ストレージの空き容量不足で問題が生じる場合も

コメント(承認制)

*

Return Top