楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iOS13でアラームの音量が小さい、調整できない時の原因と対処法

iOS13でアラームの音量が小さい、調整できない時の原因と対処法
スポンサーリンク

iOS13アップデートを適用したユーザーから「アラームの音量が小さい」「iOS13にアップデートしたらアラームが小さくなった」などの声が多くありますが、この問題はiOS13のサウンドと触覚、もしくは画面注視機能の設定を見直すことで解決できる可能性があります。

iOS13でアラーム音量が小さくなる問題

iOS13アップデートのリリース以降、TwitterなどのSNSでアラームの音量が小さくなったと訴える声が多く挙がっていますが、この問題はサウンドと触覚の設定もしくは画面注視機能のどちらかが原因である可能性が考えられます。

音量が縦長表示の場合はアラーム音量は変わらない

iOS13の初期設定では、本体側面のボリュームボタンを操作してもアラームの音量、着信音、通知音の音量が調整できないよう設定されています。

設定状況は音量ボタンを押下することで確認でき、ボリュームインジケーターが縦長で表示される場合はアラームの音量が調整されておらず、着信/通知音量と表示される場合はアラームの音量が調整されています。

iOS13のボリュームインジケーター
画像左:着信、通知、アラーム音量は調整されていない
画像右:着信、通知、アラーム音量は調整されている
スポンサーリンク

iOS13でアラーム音量を調整する2つの方法

アラームの音量を調整する方法は主に2つあり、1つ目は設定サウンドと触覚を開いて、着信音と通知音のインジケーターを左右に調整する方法。

iOS13の通知音やアラーム音量の調整

2つ目は設定サウンドと触覚を開いて、ボタンで変更をオンにして本体側面のボリュームボタンで調整する方法です。

iOS13のボタンで変更の設定

着信、通知、アラームの音量を常に固定したい場合は1つ目の方法で調整、常にiPhoneの再生音量全般と同じ音量にしたい場合は2つ目の方法を選ぶと良いです。

画面注視機能でアラーム音量が一時的に小さくなる

iPhone X以降のiPhoneでは、画面を見ている時に通知音量を小さくしたり、通知の全文を自動表示する機能「画面注視認識機能」が搭載されており、画面注視認識機能がオンになっている場合、アラームが作動したiPhoneを手に取り画面を見るとアラーム音量が自動で小さくなります。

1_aram_20171219_up

画面注視機能によってアラームの音量が一時的に小さくなる問題(仕様)は、設定アクセシビリティFace IDと注視画面注視認識機能をオフにすることで解決できます。

iOS13画面注視機能

関連記事【iPhone】iOS13「位置情報をバックグラウンドで利用しています」は消せないの?について

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデート、iOSやSNSの不具合やトラブル対処法、モバイルアクセサリーのレビューなどを中心にお届けしているブログ「SBAPP」の代表です。

SBAPPは携帯電話の主流がガラケーからスマートフォンに移り変わる時期に、慣れない操作やトラブルで困る人の役に立てる記事を発信しようと思い立ち上げました。誰が読んでも悩みが解決する、そんな記事を心がけて執筆しています。

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top