楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】AirDropの設定が表示されない時の原因と対処法 iOS12対応版

スポンサーリンク

AirDropを悪用した痴漢行為(AirDrop痴漢)の対策として、AirDropの共有範囲の設定変更が有効ですが、今回は「AirDropの設定が変更できない」「AirDropの設定はどこ?」など、AirDropの設定項目が表示されない時の原因と対処法を解説します。(iOS12以降)

AirDropの設定が表示されない原因はスクリーンタイム

通常は設定のHandoffの項目上にAirDropが表示されますが、設定でAirDropの機能が制限されていると、AirDropの項目が表示されません。(下記画像右)

AirDropの設定項目が表示されない原因としては、iOS12以降で利用できる機能「スクリーンタイム」で制限されていることがほとんどなので、まずは設定スクリーンタイムコンテンツとプライバシーの制限をタップ。

次に許可されたAppAirDropをタップしてオン(緑色)にしてください。

スポンサーリンク

上記方法でスクリーンタイムの制限を解除すると、設定AirDropで共有範囲を設定することができるようになります。

スクリーンタイム(コンテンツとプライバシーの制限)は、設定が勝手にオンオフ切り替わるものでは無いので、ほとんどはユーザーの操作ミスが原因です。

スクリーンタイムの誤った変更を防ぎたい場合は、設定スクリーンタイムスクリーンタイム・パスコードを使用をオンにすると防ぐことができます。(パスコードは忘れずに)

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top