SBAPP

【X(旧Twitter)】効果音をオフにしてもTL更新音が鳴る問題が発生中(2023年9月23日)

2023年9月23日頃から、X(旧Twitter)アプリで設定から効果音をオフにしても、タイムラインの更新音が鳴る問題が発生しています。ユーザーからは、「TLの更新音が鳴る」「効果音をオフにしたのに更新音が鳴る」「サイレントスイッチを貫通して更新音がする」などの声が増えています。

効果音の設定を無視して更新音が鳴る問題が発生

これまでX(旧Twitter)アプリでは、設定とプライバシーアクセシビリティ表示、言語→画面表示とサウンド効果音をオフにすることで、タイムラインの更新音をオフにすることができましたが、10.7アップデートの配信以降、効果音をオフにしても更新音が鳴る問題が発生しています。

更新音を消すにはスマホを消音、音量0にする

現時点では、スマートフォンの音量が消音(0)では無く、且つ消音スイッチをオフにした状態(ミュート/マナーを解除した状態)では、タイムラインの更新音をオフにすることができません。

設定とプライバシーアクセシビリティ表示、言語→画面表示とサウンド効果音をオンにして、オフに戻すと更新音が鳴らなくなった」とのポストもありましたが、使用環境(iPhone 14 Pro、iOS17.0.1)では改善しませんでした。

手元の環境でタイムラインの更新音を鳴らさないようにするためには、スマートフォンの消音スイッチ(サイレントスイッチ)をオンにするか、コントロールセンターから音量を0(消音)にする必要がありました。

消音スイッチ(マナーモード)を貫通して更新音が鳴る原因

今回の問題に関して、一部のユーザーから「消音スイッチ(マナーモード)を貫通して更新音が鳴る」といったポストも複数見受けられました。

考えられる原因として、消音スイッチをオンにした状態で、タイムラインやポストで動画の音声を再生した可能性があります。動画の音声を再生すると、消音スイッチの状態を無視して、スマートフォンの再生音量に応じた更新音が鳴るようになります。

この場合は、動画右下のスピーカーボタンをタップしてミュートにすることで、更新音が鳴らなくなることがあります。ただ、動画をミュートにしても更新音のみ鳴り続けることがあったため、X(旧Twitter)アプリを完全に終了し、開き直すことをおすすめします。

メディアのプレビュー、動画の自動再生をオフにする

前述した「消音スイッチ(マナーモード)を貫通して更新音が鳴る問題」を防ぐ対策として、以下の手順で動画等のメディアのプレビュー、動画の自動再生をオフにすることで、誤タップなどにより意図せず動画の音声を再生する機会を減らすことも有効です。

  1. Xでホームを開く
  2. 左上のプロフィールアイコンをタップ
  3. 設定とサポートをタップ
  4. 設定とプライバシーをタップ
  5. アクセシビリティ、表示、言語をタップ
  6. データ利用の設定をタップ
  7. 動画の自動再生をタップ
  8. オフを選択する
  9. アクセシビリティ、表示、言語に戻る
  10. 画面表示とサウンドをタップ
  11. メディアのプレビューをオフにする

著者情報

Ryo
SBAPPを運営しているRyoです。スマートフォンが国内で急速に普及し始めた頃から、iPhoneやiOSの使い方や不具合に関する情報を10年以上にわたって発信しています。

Apple製品は、iPhone 3GSの頃から使用しており、毎年アップグレードされるデバイスやiOSの変化に魅了されてきました。iPhoneの機能性や操作性が頻繁に変化する中で、ユーザーのサポートをしたいと思い、SBAPPを立ち上げました。

現在は、iPhoneやiOSの情報に加えて、SNSの障害や不具合、フィッシング詐欺メール・SMSに関する注意喚起など、幅広いテーマで記事を執筆しています。経験と知識を活かして、少しでも手助けとなる情報を提供していきます。

コメントを投稿する(承認後に反映)

*

Return Top