SBAPP

【X(旧Twitter)】「ご利用のアカウントがロックされました」となるユーザーが急増中(2024年1月8日)

2023年9月19日午前1時頃から、X(旧Twitter)でアカウントがロックされ、フォロー中の人数が0人になるユーザーが増えています。この問題が発生すると、画面に「ご利用のアカウントがロックされました。」と表示され、Arkoseチャレンジを要求されます。

※ 2024年1月頃から、XでDMを送信するとアカウントがロックされる事例が急増しています。

アカウントがロックされるユーザーが急増中

2023年9月19日午前1時頃から、X(旧Twitter)でアカウントがロックされるユーザーが急増しています。アカウントロックされた場合、Arkoseチャレンジ(同一の物体が2つ表示されているマスを1えつ選んでください等)を要求され、これをクリアすることでXを利用を再開することができます。

ご利用のアカウントがロックされました。

問題の詳細
ご利用のアカウントで不自然なアクティビティが見つかりました。すべてのTwitterユーザーの安全を確保するため、Twitterの利用を続けるには本人確認が必要です。

以下の対応が可能です。
アカウントのロックを解除する方法。
・Arkoseチャレンジに合格する
始める

ご対応ありがとうございます。こちらのアカウントは現在ご利用いただけます。

アカウントが凍結されたりロックされたりしないようにするには、Twitterルールを参照して、Twitter上でユーザーの皆様にとって安全な環境を維持できるようご協力ください。

Twitterを続ける

アカウントのロック解除後はフォロー中が0人になる

画面に「ご利用のアカウントがロックされました。」と表示され利用が制限された場合は、Arkoseチャレンジ(同一の物体が2つ表示されているマスを1えつ選んでください等)をクリアすることでロックを解除できますが、ロック解除直後はフォローの人数が0人になる場合があります。

この問題はX(旧Twitter)の表示上の問題であり、プロフィールページでフォロー中をタップすると、フォローしているアカウントを確認できることから、時間をあけてから再度確認するようにしてください。

連続でポスト、返信をするとアカウントロックされる傾向

X(旧Twitter)でアカウントロックを報告するユーザーの声を見ると、アカウントがロックされたユーザーの共通点として、「短時間で多数のポストを投稿した」「ポストを投稿した」「ポストを削除して投稿しなおした」といった声があり、ポストに関する操作を短時間且つ連続で行うとアカウントロックされる傾向があるようです。

一時的な問題である可能性も考えられますが、しばらくの間は連続でポストを投稿したり、短時間でリプライ(返信)をしすぎないよう、操作と操作の間にある程度の時間をあけることで、アカウントロックを避けられる可能性があります。

その後の状況
2023年9月19日:アカウントがロックされるユーザーが急増
2024年1月8日:DM送信時にアカウントがロックされるユーザーが急増
関連記事【X(旧Twitter)】Arkoseチャレンジに合格する・アカウントロックが急増(2024年1月8日)

著者情報

Ryo
こんにちは、「SBAPP」を運営しているRyoです。

Apple製品はiPhone 3GSから使い始め、国内でスマートフォンが急速に普及し始めた時期、iPhone 5が展開された頃から、主にiPhoneやiOSなどの使い方や不具合情報を10年以上にわたり発信しています。

現在はiPhoneやiOSの情報だけでは無く、SNSプラットフォームでの障害や不具合、フィッシング詐欺メール・SMSに関する注意喚起など、広範なテーマにわたる記事を書いています。

過去には「電気の見える化」に関するウェブアプリケーション開発、大規模システムの保守業務に従事していたことがあり、それらの経験を活かしてSBAPPを含むブログメディア等を運営しています。記事が少しでもお役に立てたら幸いです。

コメントを投稿する(承認後に反映されます)

*

Return Top