楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Twitter】アプリが落ちる不具合がiOSアップデートで改善したとの声が多数

今月上旬頃より、iOS版Twitterアプリ(バージョン8.93以降)が開けない(落ちる)不具合が相次ぎ報告されていますが、一部のユーザーからiOSを最新バージョンにアップデートすることで改善したとの声が増えています。

Twitterアプリが落ちる不具合が発生中

2021年12月6日にリリースされたiOS版Twitter(バージョン8.93)では、一部のiPhoneでTwitterアプリが起動できなくなる不具合(クラッシュ)が報告されており、デバイスの再起動やアプリの再インストールでは改善が期待できず、根本的な原因解決にはTwitterアプリ側の対処を待つ必要がありました。

スポンサーリンク

iOSをアップデートすることで改善したとの声が増える

iOS版Twitter(バージョン8.93)がクラッシュするとの声が挙がった間もない頃、複数デバイスを所有しているユーザーから「iOS14.XやiOS15.XではクラッシュしないがiOS13.Xではクラッシュする」との声がありました

複数端末を所有しているユーザーからは、iOS13.Xなど古いバージョンのiOSをインストールしているデバイスではクラッシュするが、iOS14.XやiOS15.Xの端末ではクラッシュしないとの声があります。

実際に上記ケースに当てはまるユーザーは多いようで、iOSアップデートを実行したことによりTwitterアプリが起動できるようになったとの声が増えています。

もし現在もiOS版Twitterがクラッシュする、落ちる、起動できないといった場合は、設定一般ソフトウェア・アップデートの実行を試してください。

iOSアップデート後のログアウトに注意

iOSアップデートを実行する場合、一部でTwitterアカウントが勝手にログアウトされる問題が報告されている為、アップデートを適用する前にアカウント情報(パスワード等)、下書きツイート、検索履歴などをメモに控えることをお勧めします。

とくにパスワードを忘れてしまったとの声が非常に多いため、もし長期間ログイン操作をしておらずパスワードを忘れてしまった場合は、事前にパスワードを再設定してからiOSアップデートを実行するようにしてください。

 

コメント(承認制)

*

Return Top