SBAPP

【iPhone】Twitterアプリが開けない、落ちる不具合がver.8.93アップデートで発生

iOS版Twitterアプリでバージョン8.93アップデート適用後、「Twitterが開けない」「Twitterが落ちる」「Twitterが起動できない」など、Twitterアプリが起動直後にクラッシュする問題が報告されています。

Twitterアプリがアップデート後から落ちる不具合

2021年12月6日にリリースされたiOS版Twitterアプリ(ver.8.9.3)が起動直後にクラッシュ(強制終了、勝手に閉じる)する不具合が報告されています。

iOS13.Xなど古いバージョンのiPhoneで落ちるとの声も

複数端末を所有しているユーザーからは、iOS13.Xなど古いバージョンのiOSをインストールしているデバイスではクラッシュするが、iOS14.XやiOS15.Xの端末ではクラッシュしないとの声があります。

もしインストール済みのiOSのバージョンが古い場合、設定一般ソフトウェア・アップデートより、iOSを最新バージョンにアップデートすることで、Twitterがクラッシュする不具合が解消できる可能性が考えられます。

スポンサーリンク

iOS15.XでもTwitterアプリが落ちる場合

iOS15.XをインストールしたiPhoneでTwitterアプリが落ちる場合、執筆時点では「端末の再起動」もしくは「Twitterアプリの再インストール」のみとなっており、根本的な原因についてはiOS版Twitterのアップデート等による対処を待つ必要があります。

Twitterアプリのインストールは以下の2通りあります。前者は下書きなどアプリ内のデータを保持でき、後者は全てのデータの消去が伴う完全な再インストールになります。

Appを取り除くを使った再インストール手順

※ こちらの方法を試す場合でも再ログインに必要なアカウント情報の確認、下書きのバックアップ等を作成するようにしてください。

  1. iPhoneで設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. iPhoneストレージをタップ
  4. 再インストールしたいアプリの項目(Twitter)をタップ
  5. Appを取り除くをタップ
  6. 「〜を取り除くと、App〜保持されます。」と表示されるのでAppを取り除くをタップ
  7. Appの取り除き(ぐるぐるマーク)の完了後、Appを再インストールをタップ

アプリの削除を使った再インストール手順

  1. Twitterのアカウント情報(ID・パスワード)を確認する(忘れている場合は事前に再設定)
  2. ホーム画面、もしくはAppライブラリの画面で再インストールするアプリ(Twitter)を長押し
  3. Appを削除をタップ
  4. 「〜を取り除きますか?」もしくは「〜を削除しますか?」と表示されるので削除をタップ
  5. App Storeからアプリをダウンロードし、再インストールする

コメント(承認制)

*

Return Top