楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iOS8】Siriがロック中や充電中に勝手に電話をしたり起動する2つの原因

cat
スポンサードリンク

iPhoneを操作していないのに、勝手に電話の発信をしたり、勝手に周囲の会話を聞き取って暴走したり..なんて経験はありませんか?
これらのSiriの暴走問題は設定を変更する事で改善する事が出来ます。

ポケットや鞄の中で暴走する場合

ロックの掛かったiPhoneがポケットや鞄の中で暴走する場合は、ホームボタンを長押しされている可能性があります。
この問題はロック中にSiriが起動しないように設定する事で改善します。

「設定」→「TouchIDとパスコード」をタップ。
th_IMG_5210

本体のパスコードを入力。
th_IMG_5211

ロック中にアクセスを許可からSiriをオフにする。
th_IMG_5212

充電中に暴走する場合

自宅や職場でiPhoneを充電中に勝手にSiriが起動する場合は、iOS8から使える「Hey!Siri」の機能が原因となっている場合があります。
この問題は充電中にHey!Siri!をで起動しないように設定する事で改善します。

「設定」→「一般」をタップ。
th_IMG_5213

「Siri」をタップ。
th_IMG_5214

「”Hey Siri”を許可」をオフにする。
th_IMG_5215

両方設定すると..

上記2つの設定をするとSiriを起動するには「ホーム画面でホームボタンを長押し」するしかありません。
その為誤動作の確率をグッと抑える事が出来るのでお勧めです。
また、ロック画面でのSiri起動はセキュリティ的にも良くは無いので、可能であればオフにしておきたいところです。

つぶやき

kogoto_prof
ロック画面のSiriは本当に危険です。
ロック画面で「着信履歴」と声を掛けたりするとズラーッと読み上げられてしまいます。
勿論発信者の電話番号も丸見えになるので、ロックの意味があるようで無いようなものです。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top