楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iOS11】「リモートインターネット共有を開始できませんでした」の原因と対処方法

ios11-InternetShare_20171120
スポンサードリンク

久しぶりにiPad ProでiPhoneのテザリング機能を使おうと、テザリングを使用しようとすると「リモートインターネット共有を開始できませんでした」と表示され、テザリングが一切使用できない状況に。

iPhoneとiPadの双方で設定を確認していると、テザリングが出来なくってしまったのは、iOS11で行われた仕様変更が原因だったことがわかったので、同じ方もいるかと思い書き残しておきます。

4_ios11-InternetShare_20171120_up (1) (1)

インターネット共有がオンでもテザリングは出来ない

まず前提条件として、テザリングの土台となるデバイス(今回であればiPhone X)で、設定インターネット共有をオンにする必要があります。

この設定が必須であることに変わりは無いのですが、iOS11ではインターネット共有をオンにした上で、次の設定もオンにする必要があります。

1_ios11-InternetShare_20171120_up (1)

画面上を下にスワイプしてコントロールセンターを起動し、機内モードやWi-Fiのボタンがあるボックスを3D Touch(押し込む)

※ iPhone Xでは無い場合は、画面下を上にスワイプするとコントロールセンターが起動します。

2_ios11-InternetShare_20171120_up (1)

インターネット共有が「検出不可能」となっているので、インターネット共有をタップして「検出可能」に変更する。

3_ios11-InternetShare_20171120_up (1)

上記設定を変更後、改めてインターネット共有(テザリング)ができないかお試しください。

iOS11では、Wi-FiやBluetoothがコントロールセンターで完全にオフにすることができなくなりましたが、インターネット共有(テザリング)についても同じ変更が行われているようです。

(設定で大元のオンオフの設定、コントロールセンターで接続可否の設定となっている)

関連記事

【iOS11】iPhoneのWi-FiやBluetoothが勝手にオンになる原因と対処方法【iOS11】iPhoneのWi-FiやBluetoothが勝手にオンになる原因と対処方法

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top