楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iOS11】iPhoneの通知設定「履歴に表示」の意味とオンオフの違いについて

lock-screen_20171020 (1)
スポンサードリンク

iOS11では、従来の通知を表示することができる「通知センター」とデバイスロック時の「ロック画面」が一つに統合されました。

通知センターとロック画面の統合に伴い、通知の設定オプションも変更されており、新たに履歴に表示といったオプションが追加されました。

今回はこの履歴に表示の意味と、オンオフによる違いについて解説します。

「履歴に表示」のオンオフによる違いとは?

新しいオプション履歴に表示は、設定通知アプリに追加されています。

1_lock-screen_20171020_up

履歴に表示がオフの場合、ホーム画面で上端を下にスワイプすることで開くロック画面、ロック画面で中央から上にドラッグすることで表示される今日(そのほか)の両方で、設定したアプリの通知が一切表示されなくなります。

ロック画面に表示がオンの場合、デバイスがスリープ状態(画面暗転)に受信した通知については、ロック画面に新着通知のみ表示されます。

2_lock-screen_20171020_up

履歴に表示がオンの場合、ロック画面今日(そのほか)の両方に、受信した全ての通知が表示されるようになります。

3_lock-screen_20171020_up

もし全ての通知を確認したい場合であれば、履歴に表示はオンにしておいた方が良いさそうです。

逆にロック画面に残すほどの通知では無く、iPhoneを操作している時だけ通知を受信したい場合は、履歴に表示はオフにしても問題はありません。

オプションの名称が変わり複雑に感じてしまいがちですが、従来の通知センターに表示と同じ意を持つオプションと考えて良いかと思います。

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top