楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iOS11】バッテリーウィジェットで一部機器の残量が表示されない不具合

battery-widget_20171130 (1)
スポンサードリンク

iPhone X(iOS11)で、バッテリーウィジェットにApple WatchやAirPodsなど、Bluetoothで接続しているデバイスのバッテリー残量が表示されない問題が報告されています。

私の使用しているiPhone Xでも同じ問題が起きており、ひどい時はiPhone Xのバッテリー残量しか表示されない状況になります。

iPhoneのバッテリー残量しか表示されない。
iPhoneのバッテリー残量しか表示されない。

Twitterなどでも同じ問題を訴えている方が見受けられますが、件数は少なくごく一部で生じている問題なのか、そもそも不具合に気がついていない方が多い可能性も。

文字サイズを変更することで不具合を回避できる

今回の問題が生じると、AppleWatchやAirPodsとペアリングをしているにも関わらず、バッテリーウィジェットに一部のデバイスの情報が表示されなくなり、ウィジェット内に空白スペースが表示されます。

4_battery-widget_20171130_up_up

あくまで憶測の域に過ぎませんが、iOS11とiPhone Xの画面サイズで互換性の問題が起きているのか、設定画面表示と明るさ文字サイズを変更で、スライダーを中央付近に移動することで問題を回避できます。

4_battery-widget_20171130_up_up

文字サイズを変更すると、AirPodsケースから右耳のイヤホンを取り出し装着すると、全てのデバイスのバッテリー残量が表示され..

2_battery-widget_20171130_up

AirPodsケースを閉じると、AppleWatchと右耳に装着したAirPodsのみバッテリー残量が表示されるようになります。

3_battery-widget_20171130_up

iPhone Xではステータスバーにバッテリー残量(%表示)が一切表示されないので、コントロールセンターとバッテリーウィジェットが頼みの綱。

特にバッテリーウィジェットはAirPodsなどのBluetooth機器のバッテリー残量を確認できる唯一の方法なので、改善されるまでは不便な状況が続きそうです。

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top