楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】Wi-Fiで「パスワードが違います」と表示される問題の対処方法

wi-fi-settings-error-20170706_up (1)
スポンサードリンク

先日iOS 10.3.2をインストールしているiOSデバイス(iPhone/iPad)で、突然Wi-Fiが切断されてしまい、設定からWi-Fiに再接続を試みるとパスワードが要求され、正しいパスワードを入力しても「”SSID名”のパスワードが違います」と表示される状態になりました。

問題を改善するために様々な対処方法を試行錯誤したところと、ようやくWi-Fi接続を復旧することができたので、実際に改善に至るまでに行った対処法を記事として書き留めておきます。

Wi-Fi接続時「パスワードが違います」と表示される問題について

先日、突然接続していたWi-Fiが切断され、iPhoneやiPadの設定Wi-Fiから再接続を試みたところ..

1_wi-fi-settings-error-20170706_up

本来であればパスワードが要求されずに再接続できるものの、なぜかパスワードを要求されてしまう状態になりました。

嫌な予感を感じながらも正しいパスワードを入力したところ「”SSID名”のパスワードが違います」といったエラーが表示され、何度リトライしてもWi-Fiに接続することが出来なくなりました。

2_wi-fi-settings-error-20170706_up

もしネットワーク設定そのものがリセットされているのであれば、iOS 10以降はApple IDで紐付けられた全てのデバイスで接続情報がリセットされる為、他のデバイスもWi-Fiに接続できなくなるはずですが、iPhoneやMacなどの他のデバイスはWi-Fiに接続出来ている状態でした。

トラブルが起きた時は取り敢えず再起動を試す

iPhoneでトラブルが起きた時は、取り敢えず再起動を試すのは鉄板です。

ソフトウェア(iOS)側で簡単な問題が起きている程度であれば、トラブルの多くは再起動で改善します。

再起動方法は電源スリープボタンを長押しし、スライドで電源オフを横にスライドさせ、画面が完全に消灯したら電源スリープボタンを再び長押しで再起動完了です。

1_iphone_volume_bug_reboot_20170512_up

今回の問題も再起動で改善するだろうと思っていたものの、期待は裏切られてしまい、状況は全く改善しませんでした。

この時点で長丁場になることを覚悟。

Wi-Fiを手動で設定すると改善する説を試す

Wi-Fiのパスワードが合っているにも関わらず「パスワードが違います」と表示される場合は、“手動でSSIDと暗号化方式の設定を行うことで改善する場合がある”との情報がAppleサポートコミュニティに投稿されていたので、早速試してみました。

自動で暗号化方式を正しく検出出来てないのかもしれません。パスワードが違いますというメッセージは、文字通りパスワードが違うこともありますが、SSIDが違ってても、暗号化方式に問題があるときでも同じメッセージが出ます。
その他にして、SSIDを手入力して設定すると、暗号化方式も手入力出来ます。この方法で無線APにあった設定にしてみるのも手です。

引用:パスワードが合ってるのに違ってるというメッセージが出る(Appleサポートコミュニティ)

  1. 設定Wi-Fiその他をタップ。
  2. 3_wi-fi-settings-error-20170706_up

  3. 名前に接続するWi-Fiネットワークの名前(SSID)を入力し、セキュリティから対応している暗号化方式を選択しパスワードを入力して接続をタップ。
    ※ 最近のルーターであれば殆どがWPA2に対応していますが、対応している暗号化方式がわからない場合は、お使いのルーターの説明書等で確認してください。
  4. 4_wi-fi-settings-error-20170706_up

淡い期待をしつつも、残念ながら私の環境では改善はみられず、この方法でも「パスワードが違います」と表示されてしまいました。

ネットワーク設定のリセットを試すとおかしな挙動に

次に各種ネットワーク情報(Wi-Fi、VPN等)を初期化することが出来る、ネットワーク設定のリセットを試してみました。

ネットワーク設定のリセットは、通信関連のトラブルの多くが改善する定番の対処方法の一つなので、今回のケースもきっとこれで改善するだろうと思い実行。

  1. iPhoneの設定一般リセットの順にタップ。
  2. 5_wi-fi-settings-error-20170706_up

  3. ネットワーク設定をリセットネットワーク設定をリセットをタップして完了です。
  4. 6_wi-fi-settings-error-20170706_up

上記手順でネットワーク設定のリセット行い、再び設定Wi-Fiからパスワードを入力して接続を試みたところ、無事Wi-Fiに接続することが出来ました。

…が、数十秒後に再びWi-Fiが突然切断され、再接続を試みるとパスワードが要求され、正しいパスワードすら弾かれる状態に逆戻り。

ここまでくると問題の原因は「iPhone/iPadのハード(機器)の問題」か「ルーター側の問題」の2つに絞られますが、前者については色々と面倒で疑いたくなかったので、ルーター側の機器トラブルを疑うことにしてみました。

あまりを期待せずにルーターを再起動してみると?

今回の問題が生じたデバイス以外は、正常に自宅のルーターを介してインターネット接続ができていたので、ルーターを疑いもしなかったのですが、駄目ごとでルーターの再起動を試してみることにしました。

ルーターの再起動方法はメーカーによって異なりますが、フレッツ東日本のレンタル品であれば、ブラウザで「192.168.1.1」と入力してIDとパスワードでログインし、サイドメニューのメンテナンスから機器再起動を開き、再起動をクリックすると、再起動が行われます。

その他メーカーのルーターについては、Googleで「ルーター 型番 再起動」などのキーワードで検索すれば見つかるかと思います。

7_wi-fi-settings-error-20170706_up

正直なところ期待はしていなかったのですが、ルーターを再起動すると何事も無かったようにWi-Fiに自動接続され改善しました。

盲目的にiPhone/iPad(iOS)デバイス側を疑っていましたが、もし同様の問題がお困りの方がいれば、一度ルーターを再起動してみてください。私と同じ問題であれば、あっさりと改善するかもしれません。

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top