楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Twitter】位置情報やウェブ閲覧履歴などの追跡をオフ・無効にする方法

4_twitter_20170520
スポンサードリンク

Twitterがユーザーデータの収集範囲に関するプライバシーポリシーの改訂を発表し、ユーザーに最適な広告を表示する目的として、Twitterでのウェブ閲覧履歴を広告表示に利用することを発表しました。

それと同時にTwitterは、ユーザーが収集されるデータの範囲を自由に設定することができる、新しいデータコントロール機能(Personalization and data)を追加しました。初期設定では幾つかの項目がオンになっている為、自身の行動が収集されることに抵抗を感じるのであれば、手動でオフにする必要があります。

※ プライバシーポリシーの改訂自体は2017年6月18日に実施されます。
※ 6月18日以降にTwitterを利用した場合、新しいプライバシーポリシーに同意したことになります。

位置情報、ウェブ閲覧履歴の追跡収集をオフ・無効にする手順

  1. プロフィールタブを開いて設定(歯車)設定とプライバシーをタップ。
  2. 1_twitter_20170520_up

  3. プライバシーとセキュリティPersonalization and dataをタップ。
  4. 2_twitter_20170520_up

  5. カスタマイズとデータをオフにしてはいをタップ。
  6. 5_twitter_20170520_up (1)

これでウェブ閲覧履歴や位置情報が広告表示に利用されることは無くなりますが、これまでよりも”興味の無い広告”が表示されることが多くなる可能性もあるので、その点だけはご注意ください。

Twitter
カテゴリ: ニュース
無料
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。
App Storeからダウンロード

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top