楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【注意喚起】Amazonを騙る詐欺メールが急増、アカウント情報の確認を促すメールに要注意

【注意喚起】Amazonを騙る詐欺メールが急増、アカウント情報の確認を促すメールに要注意
スポンサーリンク

気がつけば今年も残すところ約1ヶ月となりましたが、年末が近づくにつれてフィッシング詐欺メールの受信が増加しており、先日もAppleを騙るフィッシング詐欺メールについて記事で紹介しました。

フィッシング詐欺メールの傾向として、大手企業(Apple、楽天、auなど)を騙る事例がかなり多く、その中でも最近ではAmazonを騙るフィッシング詐欺メールが急増しているので、本記事ではAmazonに関連するフィッシング詐欺メールの情報のまとめ、見分け方や特徴等について解説します。

Amazonを騙る詐欺メールが急増、アカウント情報の確認や制限等

現在確認できているAmazonを騙るフィッシング詐欺メールは、以前にも注意喚起した「あなたのアカウントは停止されました」のほかにも、「Amazon.co.jp にご登録のアカウント(名前、パスワード、その他個人情報)の確認」など、何種類も出回っているようです。

いずれのフィッシング詐欺メールも、アカウント情報の確認と称してフィッシング詐欺サイトに誘導し、Amazonアカウントの情報やクレジットカード番号の不正取得を目的としたものになっています。

以下は参考情報として、Amazonを騙るフィッシング詐欺メールの件名と本文一覧となりますが、受信したメールの真偽は件名や本文だけで判断するのでは無く、後述する”見分け方や対処法(記事内リンク)“を参考に、Amazonメッセージセンターなどを活用して危険性の有無を判断するようにしてください。

お客様のAmazon ID情報は不足か、正しくないです。

アカウント検証
注文履歴:200-01337925-99764174

Amazonをご利用いただきありがとうございます。お客様のAmazon ID情報の一部分は不足、あるいは正しくないです、お客様のアカウント情報を保護するために、検証する必要があります。

ご注意:24時間以内にお客様からの返事がない場合にはアカウントはロックされます。

アカウント検証

なぜこのメールを受け取ったのだろうか?
この電子メールは、定期的なセキュリティチェック中に自動的に返信されました。当社はお客様のアカウント情報に完全に満足しておらず、引き続きサービスを継続的にご利用いただくためにアカウントを更新する必要があります。

今後ともよろしくお願い致します。
Amazon.co.jp

Amazon.co.jp にご登録のアカウント(名前、パスワード、その他個人情報)の確認

Amazon お客様
残念ながら、あなたのアカウント

Amazon を更新できませんでした。
これは、カードの期限切れになったか。請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由で発生する可能性があります。

アカウント情報の一部が誤っている故に、お客様のアカウントを維持するため

Amazon 情報を確認する必要・ ェあります。今アカウントを確認できます。

Amazonログイン

なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に勝手ながら、アカウントをロックさせていただくことを警告いたします。

パスワードを変更した覚えがない場合は、至急(03)-090-8848までお電話ください。

お知らせ:
・パスワードは誰にも教えないでください。
・個人情報と関係がなく、憶測しにくいパスワードを作成してください。大文字と小文字、数字、および記号を必ず使用してください。
・オンライなカウントごとに異なるパスワードを使用してください。

あなたのアカウントは停止されました

こんにちは (メールアドレス)、

誰かがあなたのamazonアカウントで他のデバイスから購入しようとしました。そうでなければAmazonの保護におけるセキュリティと整合性の問題により、セキュリティ上の理由からアカウントがロックされます。

アカウントを引き続き使用するには、24時間前に情報を更新することをお勧めします。それ以外の場合は、あなたのアカウントは永久ロック.

[確認用アカウント]

宜しくお願いします
Amazon Protection

Amazonプライムの自動更新設定を解除いたしました!2019/11/304:40:15

クレジットカード情報の更新、追加などに付きまして、以下の手順をご確認ください。アカウントサービスからAmazon情報を管理するページにアクセスして、更新してください。

また、Amazonプライム期間が終了したら、お急ぎ便無料やプライム・ビデオ見放題などプライム会員特典のご利用ができなくなります。(主なプライム会員特典を確認するにはこちらをクリックしてください)。早めにお手続きの程よろしくお願い致します。

継続してプライム会員特典をお楽しみいただきたい場合は、「Amazonプライム会員情報の管理」ページにて「会員資格を継続する」をクリックしてください

会員情報の管理ページで確認

なお、72時間以内にご確認がない場合、誠に申し訳ございません、お客様の安全の為、アカウントの利用制限をさせていただきますたので、予めご了承ください。

アカウントに登録のEメールアドレスにアクセスできない場合
お問い合わせ:Amazonカスタマーサービス。

Amazonサービスをご利用いただき、ありがとうございました。

ajAmazon Services Japan重要情報についての通知

平素はAmazon.co.jpをご利用いただき、誠にありがとうございます。

大変申し訳ございません、あなたのアカウントは閉鎖されます。
あなたのアカウントAmazonを更新できませんでした、これは、カードが期限切れになったか、
請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由で発生する可能性があります。
Amazonをご利用いただきありがとうございますが、
アカウント管理チームは最近Amazonアカウントの異常な動作を検出しました。
アカウントを安全に保ち、盗難などのリスクを防ぐため、
アカウント管理チームによってアカウントが停止されています。
24時間以内にあなたの情報を更新しない場合、
アマゾンアカウントで何ができるか的を絞ってください。。

ログインアカウント

なぜこのメールを受け取ったのだろうか?
この電子メールは、定期的なセキュリティチェック中に自動的に返信されました。当社はお客様のアカウント情報に完全に満足しておらず、引き続きサービスを継続的にご利用いただくためにアカウントを更新する必要があります。

Amazonカスタマーサービス

またのご利用をお待ちしております。

Amazon.co.jp
http://www.amazon.co.jp/marketplace

スポンサーリンク

yygdeアカウントが閉鎖され

この度は、突然のご連絡にて失礼いたします。

Amazonプライムをご利用頂きありがとうございます。
ごアカウントサービスが中断されたという通知です。

これは、カードが期限切れ、請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由で発生する可能性があります。

——————————————

アカウント情報の一部が誤っている故に、お客様のアカウントを維持するためAmazon情報を確認する必要があります。
今すぐ確認する:

アカウント

重要:
7日以内にサービスを更新しない場合、誠に遺憾ながら、アカウントをロックさせていただくことを警告いたします。
すべてのアカウントは、データの気密性を確保するために完全に消去されます。
その後、データを回復することはえきません。

——————————————
アカウントに登録のEメールアドレスにアクセスできない場合
お問い合わせ:AMAZONカスタマーサービス

※本メールに返信されても、ご返答できませんのでご了承ください。
※個人情報と関係がなく、推測しにくいパスワードを作成してください。大文字とこも維持、数字、および記号を必ず使用してください。
※オンラインアカウントごとに、異なるパスワードを使用してください。

残念ながら、amazon.co.jpのアカウントが制限されています

Amazon お客様,

大変申し訳ございません、あなたのアカウントは閉鎖されます。
お客様のメールアドレスは数回に間違いパスワードでAmazonをログインして試しましたので、
アカウントを安全に保ち、盗難などのリスクを防ぐために、お客様のAmazonIDはロックされました。

続けるにはこちらをクリック

なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に遺憾ながら、アカウントをロックさせていただくことを警告いたします。

敬具,
Amazon.co.jp
2019/11/30/周六 23:40:00

Amazon Services Japan[緊急の通知] Amazoneプライムのお支払いにご指定のクレジットカード有効期限が切れています!

お客様へ
これはあなたのサービスが現在中断されたという通知です。

このサスペンションの詳細は次のとおりです。
停止理由:アカウントに確認が必要
今すぐ確認する:
アカウント

7日以内にサービスを更新しないと、サービスは永遠に削除れます。

すべてのアカウントは、データの気密性を確保するために完全に消去されます。

その後、データを回復することはできません。
今後共、Amazon.co.jpをよろしくお願いいたします。

—————

ahuyjjn重要情報についての通知

Amazonプライムをご利用頂きありがとうございます。
お客様のAmazonプライム会員■は、更新を迎えます。お知らせしたところ、回避のお支払いに使用できる有効なクレジットカードがアカウントに登録されていません。クレジットカード情報の更新、新しいクレジットカードの追加については以下の手順をご確認ください。
ログインアカウント
1,アカウントサービスからAmazonプライム会員情報を管理するにアクセスします。
2,Amazonプライムに登録したAmazon.co.jpのアカウントを使用してサインインします。
3,左側に表示されている「現在の支払方法」の下にある「支払方法を変更する」のリンクをクリックします。
4,有効期限の更新または新しいクレジットカード情報を入力してください。

Amazonプライムを継続してご利用いただくために、回避のお支払いにご指定いただいたクレジットカードが使用できない場合は、アカウントに登録されている別のクレジットカードに会費を請求させて頂きます。会費の請求が出来ない場合は、お客様のAmazonプライム会員資格は失効し、特典をご利用できなくなります。

Amazon.co.jpカスタマーサービス
http://www.amazon.co.jp/marketplace

フィッシング詐欺メール全般の見分け方と特徴

Amazonを騙るフィッシング詐欺メールに限らず、フィッシング詐欺メール全般の見分け方や特徴として、差出人が企業とは無関係のメールアドレスメール文中のリンク(URL)が企業とは無関係なものアカウントの登録情報(氏名などの個人情報)が記載されていないなど、以下の特徴から見分けることができます。

フィッシング詐欺メール全般の特徴

  • 差出人メールアドレスが企業とは関係の無いもの
  • 重要な内容にも関わらず、メール本文にアカウント登録情報(氏名等)など個人情報が記載されていない
  • メール文末に企業名や所在地等の情報が記載されていないもの
  • メール文中のリンク先(ドメイン)が企業とは関係無いもの
  • 不自然な記号やスペースを含むもの
  • 違和感のある日本語を多く含むもの

Amazonから届くメールやSMSの送信情報(ドメイン・電話番号等)について

Amazonからは、以下のドメイン(〜@以降)もしくは電話番号(SMS)でのみメールが配信されており、以下に記載されていないメールアドレスや電話番号から届くものは不正なメールの可能性が非常に高いので注意してください。

※ 差出人メールアドレスは偽装もできるため、例えメールアドレスが以下に含まれている場合でも、日本語等に違和感を覚える場合は次に解説する“メッセージセンター”を活用してください。

AmazonがEメールを送信する際の送信情報(2019年11月時点)

  • amazon.co.jp
  • amazon.jp
  • amazon.com
  • amazonbusiness.jp
  • email.amazon.com
  • marketplace.amazon.co.jp
  • m.marketplace.amazon.co.jp
  • gc.email.amazon.co.jp
  • gc.amazon.co.jp
  • payments.amazon.co.jp
AmazonがSMSを送信する際の送信情報(2019年11月時点)

  • 09090097540
  • 08021585817
  • 01085264515445
  • Amazon
  • TheDrop

※ 上記送信情報は、全てAmazonが一般向けに公開しているものです。

Amazon公式サイトのメッセージセンターでEメールを確認する

Amazonから届くEメール等については、Amazon公式サイトの「メッセージセンター」で確認することができます。

フィッシング詐欺メールの場合、メッセージセンターには該当メールが表示されないので、こちらを利用すると受信したメールの真偽を見分けることができます。

Amazonでメッセージセンターを確認する

※ 上記ボタンをタップしてもAmazonトップ画面が表示される場合、Amazon公式サイトのメニューボタン(PC:アカウント&リスト)アカウントサービスメッセージ(PC:メッセージセンター)の順に進むと、メッセージセンターにアクセスできます。

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデート、iOSやSNSの不具合やトラブル対処法、モバイルアクセサリーのレビューなどを中心にお届けしているブログ「SBAPP」の代表です。

SBAPPは携帯電話の主流がガラケーからスマートフォンに移り変わる時期に、慣れない操作やトラブルで困る人の役に立てる記事を発信しようと思い立ち上げました。誰が読んでも悩みが解決する、そんな記事を心がけて執筆しています。

コメント&トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 注意喚起は大変意義のある事だと思いますし、事例の紹介も必要なことだと理解しています。
    しかし文面や送信者の情報を記事上で大きく取り扱ってしまいますと、
    文面や送信者をもって詐欺を判断しようとする読者が出てきてしまう危険性があると思います。
    特にEメールやSMSはそのプロトコル仕様上、送信者を詐称することが可能となっているため、
    送信者の情報というのは詐欺を見抜く上で着目すべき情報ではありません。
    「Amazon公式サイトのメッセージセンターでEメールを確認する」の対応方法がベストだと
    思いますので、こちらの部分をより大きく取り上げた方が詐欺防止効果が高まると考えます。

    • コメント、ご指摘ありがとうございます。

      見出し部”Amazonを騙る詐欺メールが急増、アカウント情報の確認や制限等”において、参考情報として掲載した件名や本文で危険性を判断するのでは無く、記事内の対処方法(Amazonメッセージセンターの活用等)を活用して危険性を判断するよう文章を編集いたしました。

      >>受信したメールの真偽は件名や本文だけで判断するのでは無く、後述する”見分け方や対処法(記事内リンク)“を参考に、Amazonメッセージセンターなどを活用して危険性の有無を判断するようにしてください。

コメント

*

Return Top