SBAPP

【iPhone】勝手にアップデートされた・自動アップデートがオンになる問題の詳細と対処

2023年6月頃から、iPhoneがiOS16.5に勝手にアップデートされる問題が報告されています。ユーザーからは、「iPhoneが勝手にアップデートされた」「自動アップデートをオフにしていたのにアップデートされた」などの声が増えています。

iPhoneが勝手にアップデートされる問題が発生

2023年6月以降、自動アップデート(設定一般ソフトウェア・アップデート自動アップデート)をオフにしているiPhoneが、最新バージョン(iOS16.5)に勝手にアップデートされる事例が増えています。

過去のiOSアップデートで自動アップデートがオンになった可能性

iPhoneが勝手にアップデートされた原因の一つとして、以前のiOSアップデート時に自動アップデートの設定がオンになってしまった可能性が考えられます。再起動後に表示される、ソフトウェアアップデートの完了画面で続けるをタップすると、自動アップデートの設定がオンになることがあります。

実際、iOS16.4アップデートが配信された時には、自動アップデートをオンにしてしまったユーザーが急増し、SNSでは「自動アップデートが勝手にオンになった」との声が多く挙がりました。

ソフトウェアアップデート完了

iPhoneはiOS ○○にアップデートされました。

今後のソフトウェアアップデートは、リリースされると自動的にダウンロードされてインストールされます。これはソフトウェアアップデート設定で管理できます。

続ける
自動ダウンロードのみ

自動アップデートの設定を再確認する

iPhoneが意図せずアップデートされた場合は、以下の手順で自動アップデートの設定を確認し、「iOSアップデートをダウンロード」と「iOSアップデートをインストール」をオフに変更してください。

  • 設定一般ソフトウェア・アップデート自動アップデートiOSアップデートをダウンロードをオフ
  • 設定一般ソフトウェア・アップデート自動アップデートiOSアップデートをインストールをオフ
  • 設定一般iPhoneストレージiOS ◯◯アップデートを削除(iOSをダウンロード済みの場合のみ)

著者情報

Ryo
SBAPPを運営しているRyoです。スマートフォンが国内で急速に普及し始めた頃から、iPhoneやiOSの使い方や不具合に関する情報を10年以上にわたって発信しています。

Apple製品は、iPhone 3GSの頃から使用しており、毎年アップグレードされるデバイスやiOSの変化に魅了されてきました。iPhoneの機能性や操作性が頻繁に変化する中で、ユーザーのサポートをしたいと思い、SBAPPを立ち上げました。

現在は、iPhoneやiOSの情報に加えて、SNSの障害や不具合、フィッシング詐欺メール・SMSに関する注意喚起など、幅広いテーマで記事を執筆しています。経験と知識を活かして、少しでも手助けとなる情報を提供していきます。

コメントを投稿する(承認後に反映)

*

Return Top