楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【YouTube】低評価が非表示になった、低評価が消えた原因と詳細について(2021年11月23日)

2021年11月23日現在、YouTubeで低評価の数を非公開とするアップデートが展開された影響により、視聴者から「YouTubeの低評価が非表示になった」「YouTubeで低評価数が見れなくなった」などの声が急増しています。

YouTubeの低評価の数を非公開にするアップデート

YouTubeは低評価荒らしの行為を減らす目的として、YouTubeで公開されている動画の低評価の数を非公開にする施策を発表し、段階的に展開することを案内していました。

今年に入ってからは、低評価ボタンに関する実験を行い、クリエイターの方々を嫌がらせから守る効果が高まるかどうか、動画の低評価の数を意図的に押し上げる「低評価荒らし」を減らせるかどうかを確認してきました。

(中略)

この結果に基づき、YouTube は低評価の数を非公開にしますが、低評価ボタンがなくなることはありません。この変更は本日より段階的に展開する予定です。

引用:YouTube公式ブログ

スポンサーリンク

2021年11月20日頃から低評価の数が相次ぎ非公開に

低評価の数を非公開とするアップデートの影響により、2021年11月20日頃から日本国内でも「YouTubeの低評価が非表示になった」との声が急増し、執筆時点ではChrome等のブラウザやiOS版YouTubeアプリなどで、ほとんどの動画で低評価の数が表示されない状態になっています。

視聴者が低評価の数を確認する機能や方法について

執筆時点では、YouTubeの動画に付けられた低評価の数は投稿者(クリエイター)のみYouTube Studioで確認でき、一般視聴者は動画に付けられた低評価の数を確認する機能や設定等は用意されていません。

低評価を非公開とするアップデートは賛否両論ですが、YouTubeは今回の変更を「これが正しい選択であると革新している」とも断言しており、余程のことが無い限りは今回の仕様変更が覆ることは無いかと思います。

クリエイター向け: コンテンツのパフォーマンスを把握したい場合は、引き続き YouTube Studio で他の指標とともに正確な低評価の数を確認できます。

引用:YouTube公式ブログ

コメント(承認制)

*

Return Top