SBAPP

【iPhone】iOS16.1以降「このコンピュータを信頼してバックアップを開始するにはパスコードを入力してください」と表示される問題の詳細と対処

iOS16.1以降、iTunesでiPhoneのバックアップ作成時に「このコンピュータを信頼 このコンピュータを信頼してバックアップを開始するにはデバイスのパスコードを入力してください。」や「Trust This Computer Enter passcode to trust this computer and start a backup.」と表示され、パスコードを入力するよう要求される問題が報告されています。

バックアップ作成時に毎回「このコンピュータを信頼」が表示される問題

iOS16.1以降、iTunesでiPhoneのバックアップを作成する際に、過去に信頼したコンピュータであるにも関わらず、毎回「このコンピュータを信頼(Trust This Computer)」が表示され、パスコードを入力するよう要求される問題が発生しています。

このコンピュータを信頼
このコンピュータを信頼してバックアップを開始するにはデバイスのパスコードを入力してください。

Trust This Computer
Enter passcode to trust this computer and start a backup.

※ 筆者環境(iPhone 14 Pro、iOS16.1.1)において、「このコンピュータを信頼してバックアップを開始するには」の後文、「デバイスのパスコードを入力してください。」の部分が表示されない問題も確認しています。

iOS16.1のセキュリティアップデート「CVE-2022-32929」に関連する影響

この問題はAppleサポートコミュニティなどでは不具合であると指摘する声も増えていますが、実際にはiOS16.1に含まれているセキュリティアップデート「CVE-2022-32929」の改修が影響している可能性があります。

Backup
対象:iPhone 8 以降、iPad Pro (すべてのモデル)、iPad Air (第 3 世代) 以降、iPad (第 5 世代) 以降、iPad mini (第 5 世代) 以降
影響:App が iOS バックアップにアクセスできる可能性がある。
説明:制限を強化し、アクセス権の問題に対処しました。
CVE-2022-32929:Offensive Security の Csaba Fitzl 氏 (@theevilbit)

引用:Apple

バックアップの脆弱性にiOS側で対処した可能性が指摘

脆弱性「CVE-2022-32929」を報告したCsaba Fitzl 氏 (@theevilbit)によると、macOSでiPhoneのバックアップを作成すると、セキュリティフレームワーク「TCC」により保護されたディレクトリ(~/Library/Application Support/MobileSync/Backup)にバックアップファイルが配置されますが、CVE-2022-32929で報告された脆弱性を利用すると任意のディレクトリにバックアップファイルを配置することができ、この問題がiOS16.1で対処されたとのこと。

この問題はmacOSに関連する脆弱性となるため、本来であればmacOSの改修により対処されることが望ましいものの、Appleはこの問題をiOS側の改修で対処した可能性が高く、その影響によりバックアップを作成する度に「このコンピュータを信頼」のダイアログが表示されている可能性があります。

I didn’t verify how Apple fixed this at the end, but CVE-2022-32929 is only reported for iOS devices, and based on the following Twitter thread they might have decided to do something on the iOS end rather than on macOS. Apple asks the passcode now for every single backup. This is unfortunate, as this was an issue related to macOS, and it sounds like Apple have broken some functionality by making backups much harder on iOS.

引用:CVE-2022-32929 – Bypass iOS backup's TCC protection

スポンサーリンク

意図的な仕様変更、不具合では無い可能性が高い

Appleサポートに同問題を問い合わせたユーザーが、実際のチャット内容を写したスクリーンショットをMacRumorsのフォーラムに投稿しています。

実際に投稿されているスクリーンショットを見ると、ユーザーの「同じコンピュータでも、コンピュータが信頼されていることを確認するためにパスコードが必要になったのか」といった質問に対し、スタッフは「はい、おっしゃる通りです。」と回答していることから意図的な変更があったものと思われます。

この意図的な変更を行なった理由に関しては確認できませんが、前述したCVE-2022-32929に関する改修の影響である可能性が予想されます。

Can you in effect confirm that Apple have now changed the way things work and that every connection to a computer, even the same computer, now requires a passkey to firm the computer is trusted.

Yes, you are right. I have checked the resources from my end.

「このコンピュータを信頼」が不便な場合はフィードバックの送信を

執筆時点では、iPhoneバックアップ作成時に表示される「このコンピュータを信頼」をオフにする設定等は用意されていない為、バックアップ作成時にはその都度パスコードを入力し対応する必要があります。

もしバックアップ作成ごとに信頼を求められる仕様が不便に感じるのであれば、Apple公式サイトの製品フィードバックより改善を求める意見を送り、今後のiOSアップデートによる改善を待つようにしてください。

このコンピュータを信頼
このコンピュータを信頼してバックアップを開始するにはデバイスのパスコードを入力してください。

同期で「このコンピュータを信頼しますか?」が繰り返し表示される場合

iPhoneを同期する際に毎回「このコンピュータを信頼しますか?」と表示される場合は、iPhoneの再起動、PCの再起動など以下の対処を試すようにしてください。

  • iPhoneとPCを再起動する
  • 設定一般転送または[デバイス]をリセットリセット位置情報とプライバシーをリセットを実行
  • 設定一般転送または[デバイス]をリセットリセットネットワーク設定をリセットを実行

ただし、ネットワーク設定のリセットを実行した場合、Wi-Fiのパスワード等の接続情報、モバイルデータ通信、VPN、APNなどの設定をやり直す必要があるので注意してください。

このコンピュータを信頼しますか?
設定とデータはワイヤレスまたはケーブルで接続されたときにこのコンピュータからアクセスできるようになります。

※ 「このコンピュータを信頼しますか?設定とデータは~」は同期など接続全般の信頼確認、「このコンピュータを信頼 このコンピュータを信頼してバックアップを開始するには~」はバックアップ作成に関する信頼確認です。

コメント(承認制)

*

Return Top