楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iOS15.1でプライバシーに関する警告「このネットワークは暗号化されたDNSのトラフィックをブロック」が表示される問題と対処

iOS15.1以降、iPhoneのWi-Fi設定画面に「プライバシーに関する警告 このネットワークは暗号化されたDNSのトラフィックをブロックしています。」が突然表示される事例が急増しています。

Wi-Fi「プライバシーに関する警告 このネットワーク〜DNSのトラフィックをブロック」

iOS15.1アップデートを適用した一部のiPhoneで、Wi-Fiの設定画面にプライバシーに関する警告「このネットワークは暗号化されたDNSのトラフィックをブロックしています。」が表示される問題が発生しており、SNSでは「突然Wi-Fiの警告が表示されるようになった」との声が急増しています。

プライバシーに関する警告
このネットワークは暗号化されたDNSのトラフィックをブロックしています。
デバイスがこのネットワーク上でアクセスWebサイトやほかのサーバの名前は、このネットワーク上のほかのデバイスによって監視および記録される場合があります。

Privacy Warning
This network is blocking encrypted DNS traffic.
The names of websites and other servers your device accesses on this network may be monitored and recorded by other devices on this network.

この問題は海外のredditでも関連する投稿が相次いでおり(1/2/3)、困惑する声は国外でも広がっています。

DNSトラフィックをブロックの意味とリスク

プライバシーに関する警告「このネットワークは暗号化されたDNSのトラフィックをブロックしています。」は、接続先のドメインを名前解決(ドメインをネットワーク接続に必要なIPアドレスに変換する仕組み)する際の通信を暗号化できず、通信内容の傍受や接続先の改ざんのリスクがあることを示しています。

セキュリティ上は無視しても良いとは言えないものの、信頼できる通信経路(自宅で契約しているインターネット回線)とDNSであれば過剰に心配する必要は無いかと思いますが、公衆Wi-Fiなど通信経路やDNSの信頼性を担保できない通信環境で警告が表示された場合は、利用を控えたほうが安心です。

スポンサーリンク

iOS15.0.2から報告されていた問題

Wi-Fiの設定画面に突然「プライバシーに関する警告」が表示される問題は、当ブログのコメント欄にも寄せられており、この問題はiOS15.0.2以降から発生していたようです。

プライバシーに関する警告が表示された場合、iPhoneを再起動することで警告が消えることもあるようですが、時間が経つと再び警告が表示されてしまい根本的な解決には至らないとのことです。(Twitterでも再起動で改善したとの声は多い)

コメント投稿者:匿名さん

iOS15.0.2以降Wi-FiのSSIDに「プライバシーに関する警告」「このネットワークは暗号化されたDNSのトラフィックをブロックしています」というメッセージが表示されるようになり、15.1にアップデートしてもやはり同様のメッセージが表示されています。端末を再起動するとメッセージは消えるのですが、しばらくするとまた表示されてしまいます(プライベートアドレスはONになっています)。

i通信自体は問題なく行えているのですが、これまで表示されていなかったので色々心配です。使用機種はiPhone12です。

原因は不明、再起動やネットワーク設定リセット、ルーターのアップデートで改善する場合も

iOS15.1(iOS15.0.2以降)アップデート適用後、Wi-Fiの設定画面に「プライバシーに関する警告」が表示されるようになった原因はわかっていませんが、Appleサポートコミュニティやredditに寄せられている投稿を読むと、以下の対処で解決したとの事例が寄せられています。

  • iPhoneの再起動(改善したとの声、再発したとの声の両方あり)
  • ルーター、モデムのアップデートと再起動
  • iPhoneのネットワーク設定リセット(設定一般転送またはiPhoneをリセットリセットネットワーク設定をリセット
  • ルーターの設定をAppleが推奨する設定に変更する

今回の問題は筆者の環境で再現には至っておらず、これらの対処法の有効性については検証できていませんが、Appleサポートコミュニティやreddit、Twitterなどで「直った」と声のある対処法となるので、もし同様の問題でお困りの場合はお試しください。

コメント&トラックバック

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. SSIDの名前変えたら消えましたよ

    • コメントありがとうございます。

      今回の不具合に関して筆者環境では再現に至ってないため検証できかねますが、私自身もWi-Fiが不安定(接続済みにも関わらずインターネット通信ができない)になった際、同じようにSSIDの変更で改善した経験があるので、同じように改善したのかもしれません。当記事をご覧頂いた方でSSIDを変更できる環境の方はぜひこちらも。

  2. 記事中で紹介されているコメントをした者です。その後Appleサポートに連絡をしたところ、iPhone側の問題ではなく電波の問題なのでルーターの設定を見直して欲しいとの説明を受けました。今家で使っているルーターは3年ほど前に購入したもので、WPA2方式なので新しいものに買い替える必要があるのかもしれません。なお、警告が表示される問題は現在も解決していません。

    • コメントありがとうございます。
      Appleサポートとしては設定を見直すよう案内するのが限界なのかもしれませんね..。
      当記事のコメント欄にてSSIDの名前を変更することで消えたとの投稿がありました。
      もしSSIDの名前を変更できる環境であれば、こちらも試してみるのも良さそうです。

  3. ルーターを買い替えたばかりで、WPA3 AESにて接続しているにもかかわらず、プライバシーに関する警告が表示され、再起動やネットワーク設定のリセットをしても時間が経つと表示される。

コメント(承認制)

*

Return Top