楽しくiPhoneライフ!SBAPP

【iPhone】iOS15.4で空き容量が減る、アプリのサイズが肥大化する不具合の詳細と対処

iOS15.4アップデート適用後、一部のiPhoneでストレージの使用済み容量が急増し、空き容量が少なくなったことにより警告「iPhoneの空き容量が残りわずかです」が表示される事例が増えています。

iOS15.4で空き容量が減る、使用済み容量が急増する問題

iOS15.4アップデート実行後、iPhoneストレージの使用済み容量が肥大化してしまい、空き容量が少なくなる問題がAppleサポートコミュニティ(参考:1/2/3)で報告されています。

傾向として、一部のApple純正アプリ(ホーム、ボイスメモ等)あるいはシステムデータのサイズが肥大化することが多いようで、実際に筆者のiPhoneでも写真アプリの容量が急増してしまい、一時的に空き容量がほぼ無い状況に陥りました。

After installing 15.4, my Iphone Storage increased from 52GB to 89GB. Precisly my Home App size from 3GB to 33GB.

After updating my iPhone to IOS 15.4, my storage suddenly went weird. My voice memos app was taking up ~400 GB worth of storage. When I deleted all my voice memos and even the app itself and even restarted the phone to see if that helped but it still continued to show up in the iPhone Storage, with 318.94 GB.

I just bought a brand new iPhone 13 pro. My old iPhone was 7+ and it had 114 GB out of 128GB data. After transferring my data to the new iPhone 13 pro which has 256 GB, it shows only 80 GB of storage left. And this is after installing iOS 15.4. It says 77 GB uses up in systems data. But I only transferred 114 GB. Also the battery life of the phone is awful. I have to charge my iPhone 13 pro twice a day. Please help. What to do? First two images are iPhone 13 pro, and last screenshot is 7+

スポンサーリンク

iOSアップデートで空き容量が数十GB減る、対処について

iOS15以降から一部アプリやシステムデータのサイズが肥大化する問題が続いており、iOSアップデート前後で使用済み容量が以下事例のように増減する事例も報告されていました。

  • iOSアップデート適用前の空き容量:65GB、iOSアップデート適用後の空き容量:44GB
  • iOSアップデート適用前の空き容量:70GB、iOSアップデート適用後の空き容量:27~30GB
  • iOSアップデート適用前の使用容量:26GB、iOSアップデート適用後の使用容量:46GB
  • iOSアップデート適用前の使用容量:50GB、iOSアップデート適用後の使用容量:73GB

もしiOSアップデートによりサイズ(使用済み容量)が急増した場合はiPhoneの再起動、特定アプリのサイズが肥大化している場合は該当アプリの再インストール、PCをお持ちの場合はリカバリーモードによる再アップデートを試すようにしてください。

また私の環境では、iOS15.4アップデート適用後に空き容量がほぼ無い状況になりましたが、デバイスを数時間程度放置したところ改善したので、もしiOS15.4アップデート適用直後であれば放置で改善しないか確認し、改善しない場合のみ先程挙げた対処を試すと良いかと思います。

※ デバイスの空き容量が無い状態で再起動を実行すると、リンゴループ(起動画面を延々と繰り返す症状)になる可能性も考えられるため、デバイスの復元が行える環境と時間を確保した上で試すことをお勧めします。

リカバリーモードとiOS再アップデートの手順について

リカバリーモードによるiOS再アップデートを試す場合は、以下の手順を参考にしてください。(iTunesをインストールしたWindows、あるいはMacが必要です)

  1. Mac、もしくはiTunes(Windows)が最新バージョンか確認、古いバージョンの場合はアップデートを適用する
  2. Macの場合はFinder、Windowsの場合はiTunesを開く
  3. iPhoneを接続して以下の手順でリカバリーモードを起動する
    1. iPhone 8 以降:音量(大)ボタンを押してすぐに放し、音量(小)ボタンを押してすぐに放す。リカバリモードの画面が表示されるまで、サイドボタンを押し続ける。
    2. iPhone 7、iPhone 7 Plus:サイドボタン音量(小)ボタンを同時に押し、リカバリモードの画面が表示されるまで長押しする。
  4. 「〜に問題があります」と表示されるので復元もしくはアップデートのボタンが表示されたらアップデートをタップすると、データを消去せずにiOSのみ再アップデートできます

コメント(承認制)

*

Return Top